スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
何も言えないヘイズ被害者
- 2006/10/22(Sun) -
baby_orangutan

2004年8月、バンコックのサファリ・ワールド動物園 (Safari World Zoo)で、キックボクシングなどの見世物に使われていた53匹のオラウータンが保護されました。

orangutan

53匹のオラウータンは、バンコックから西95kmのラチャブリ地方にあるワイルドライフ・ブリーディング・センター (Rachaburi Wildlife Breeding Centre)に収容されました。

 DNA検査の結果、このオラウータン達は西カリマンタンから連れて来られたことがわかりました。

  このうち7匹はB型肝炎を患っていました。


オラウータンの保護団体(BORNEO ORANGUTAN SURVIVAL FOUNDATION)  や自然保護団体の活動のおかげで、オラウータン達はようやく故郷の西カリマンタンに帰れることになりました。


BorneoTrees 9月23日にタイ国軍の飛行機でインドネシアに向う予定だったのですが、その4日前にタイ国軍によるクーデターが発生、オラウータンの輸送計画は延期の羽目に・・・。

「それじゃぁ、9月29日に輸送しましょうか・・・?」とインドネシア政府がもちかけましたが、まだ政情の安定してないタイ政府が軍用機の使用をしぶり、オラウータン帰還の話はオジャンになってしまいました。

そうこうしている内に、インドネシアの森林火災から起こるヘイズ問題が深刻になって、両政府ともオラウータンのこと忘れちゃったの・・・?みたいな状況になり、現在に至っています。

今回53匹のうち(B型肝炎を患う7匹は帰れません) 46匹がカリマンタンに戻るはずでしたが、彼らの帰国予定はまだたっていないようです。

BOS_Indonesia OrangUtangFeed


 ボルネオ・オラウータン・サバイバル・ファンデーション(インドネシア)では、「オラウータン養子プログラム」などで募金を集め、オラウータンの保護に努めています。
 ボルネオ・オラウータン・サバイバル・ファンデーション・イギリス
 ボルネオ・オラウータン・サバイバル・ファンデーション日本
関連記事
この記事のURL | 動物 | CM(10) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
<<流しのタクシーとコール・タクシー | メイン | ディパバリの起源>>
コメント
-テンプレートの修正-
時間が出来てようやく、こちらのテンプレートをダウンロードしました。 チョッと、私のブログを見てみて下ださい。

タイトルと本文の部分をクッ付けてしまいましたが、直線でまとまり、スッキリとはなったように思います。 ご意見を戴ければ、何なりと考えて見ます。
2006/10/24 17:52  | URL | Ricky #eOGNcWzU[ 編集] |  ▲ top

-あひるさん-
53匹のオラウータンが収容されてる施設の環境が良い事を祈るのみです。それにしても、何時帰ることができるんでしょうね?
2006/10/24 04:43  | URL | 暇人主婦 #-[ 編集] |  ▲ top

-Dorothyさん-
オーストラリアでバスツアーに参加した時、アジア人(多分マレーシア)がタバコを投げ捨てようとして、山火事になったらどうするんだ!?とガイドにこっぴどく怒られていました。日本人のガイドだったら、あんなに強く怒らないと思う。「自分の国をこんなに大切にしてるんだ。すごい、お兄さん、かっこいい!」と感動しました。v-218オージー’ズ・ベストv-364
2006/10/24 04:41  | URL | 暇人主婦 #-[ 編集] |  ▲ top

-見世物-
もう見世物に されないのですね 
この子たちが 保護されて良かった。

すぐ森に帰れるんだと思ったのですが 
そうはいかなかったみたいですね。
でも微笑む女性の写真を見て ホッとしました。
2006/10/23 23:12  | URL | あひる #.2cgsHzE[ 編集] |  ▲ top

-人間中心?-
何でも人間中心の考え方は、今にとんでもない自然からの報復があるってことを忘れてはならないよね。
オーストラリアは、自然保護、動物愛護にはとても熱心で、学ぶところは大きいよ。
2006/10/23 23:11  | URL | Dorothy #-[ 編集] |  ▲ top

--
Rickyサン
回り込みを避けるためには・・・v-295。ありがとうございました!

ドラだよさん
被害を受けてるのはこの子達だけじゃない。カリマンタンの森の中で焼け死んだオラウータンだっているはず。森が焼けちゃって、食べ物がなくなって、プランテーションに入り込んで殺されて食べられちゃうオラウータンも居ると聞きました。
み~んな、人間のしたことが原因。
でも写真の女性のように優しい人間だってまだまだ一杯いるから、救われます。
2006/10/23 15:03  | URL | 暇人主婦 #-[ 編集] |  ▲ top

-飼育係の女性の優しい目!-
ヘイズって、やはり生態系にも影響あるんですね。
タイの政情は、現地では「なんともない!」と感じ取られている・・・とのタイ在住の友人が言っていましたが、そんなところに被害が及んでいるのですね。
残念です。
でも、最後の写真の飼育係の女性の、優しい、慈しむような目にハッとしました。
生き物を愛する人の目って、優しいですね。
2006/10/23 09:32  | URL | ドラだよ #-[ 編集] |  ▲ top

-テンプレート-
使用されているテンプレートの名前か作者の名前を教えて下ださい。 こちらで再現してみないと、分かりにくいし、説明も難しくなります。

文字が、写真の右側に回り込むのを避ける為には、その文章の前に、

<br clear="all">

と入れて下ださい。
2006/10/23 07:39  | URL | Ricky #eOGNcWzU[ 編集] |  ▲ top

--
yamaojiさんも?
私も一番上のオラウータンの赤ちゃんを見た時は思わずv-409・・「ママは何所に行っちゃったの?ママのおっぱいが欲しい・・・」とあの目が訴えてるみたい。
ポケットモンキーって生きてるモンキー?
いいなぁ、私もお猿さん飼ってみたい。でもマレーシアのペットショップで売ってるお猿さんは、小猿を売るために親猿を殺してたりするから、絶対に買わない。オラウータンだって、需要があるから密猟者が蔓延ってるわけだから。
2006/10/23 03:03  | URL | 暇人主婦 #-[ 編集] |  ▲ top

--
可哀想ですね、動物大好きのおじさんには目を背けたくなるおはなしです。
現在ごちゃ混ぜでネコ11匹犬5匹と暮らしているyamaoji家です。
昨日義父がドイプイの山の中から生後1ヶ月ぐらいの犬を拾ってきました。
地がクロでうすいのですがトラのようにシマが見えます。
今のところ名前は クマ になっています。
yamaojiは小学校6年生の時に親父がポケットモンキー買ってくれ飼ったことがありました。
2006/10/22 23:36  | URL | yamaoji #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/tb.php/98-0905f172
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。