スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
「許しを請う」 ハリラヤ
- 2006/10/19(Thu) -
イスラム教徒のアイディルフィトリはマレーシアではハリラヤ・プアサ(プアサは断食)と呼ばれます。

アイディルフィトリは Syawal シャワル(イスラム暦の第10番目の月)の一ヶ月間、ずっとお祝いするのだそうです。

マレーシアでは 最初の2日間だけが祝日(公休日)になります。
でも、マレーシアの会社は 最初の一週間お休みにする所が多いようです。学校も同じように一週間ほどお休みになります。

都会に住む人達は、balik kampung (バリ・カンポン = 田舎へ行く → 里帰り) で両親や親戚の住む故郷に帰り、ハリラヤを過ごします。

ハリラヤとチャイニーズ・ニューイヤーの年2回、マレーシアでも日本のお盆や正月の帰省ラッシュと同じ事が起こります。

ハリラヤ、そしてチャイニーズ・ニュー・イヤーの間のクアラルンプール市内は、お盆の最中の東京のように人が少なくなります。

マレー人はハリラヤの第一日目には、モスクに集合して朝のお祈りを行います。

皆、この日のために新調した服や伝統的なBaju Melayu (バジュー・マラユ)を着ます。女性の伝統的な服はBaju Kurung (バジュー・クロン)と言います。

モスクでのお祈りを終えた男性群が家へ戻ると、家族揃っての食事です。 その後は、お墓参りに行く人が多いようです

ハリラヤは マレー人の誰もが 「過去のことは水に流そう!」と思う時のようです。

里帰りをした子供たちは、両親にSalam (マレー人の敬意を込めた握手・・みたいなもの) をして 「Maaf Zahir Batin. (マアフ・ザヒール・バティン)」 と謝り、許しを請います。  そして敬意を表して手にキスをします。

Maafは[許す]
Zahir は 「身体的なこと」
Batin は 「精神的なこと」

つまり、「自分がしてきたことや考えていたことを許してください。」と年上の人達にお願いするのです。

ここが、日本人と随分違いますね。
日本人は、「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。」と今後のことをお願いして祝うのに、マレー人は、「今までの自分を許してください。」と謝って許してもらい、お祝いするのです。

またこの許しを請うことは、子供が親に、若い人が年上の人に向ってするものです。
年寄りが子供に向って許しを請うことは絶対にありません。

ここにもマレー人が年寄りを大事にするという習慣がよく表れています。

子供たちがこの許しを請いに行くと、duit raya ラヤのお金 → お年玉 を貰えます。
関連記事
この記事のURL | 宗教 | CM(4) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
<<ハラルのお肉と犠牲祭 | メイン | マレーシアの称号 Part 3>>
コメント
--
ドラだよさん
他のイスラム教国の習慣を知らないので、この「長幼の序!」が習慣から来たものか、宗教からきたものかよくわかりません。
お年寄りを大事にすることはとても良い事だけど、年はとっていても性格悪い、考え方が変、って人もいるはず。それでも年取ってるからってだけで許されて尊敬される、てチトおかしい、と私も思います。
でもマレー人って、「もう年取ってるんだから。」とか「先は長くないんだから・・」とか言う人が結構多い。そういう人達って、本当は尊敬なんかしてなくて、ただ習慣か宗教に習ってるだけじゃないのかな・・・?
私にはそれはすごく偽善的に思えます。
でも心底お年寄りを大事に尊敬してる人も居ますよ。数は少ないけど・・

yamaojiさん
私もマレーシアに来なかったら、イスラム教のことを知ろうとも思わなかったと思います。
“Islam is the way of life." だから、生活に宗教が密着してるんですよね。
今はもうないと思うけど、一番初めにマレーシアに来た時なんて、お祈りの時間になると、見ていたテレビドラマが「ブチッ!」と切れて、アラビア文字が出てきて、お祈りが始まっちゃうんです。それで5分くらいすると、また元の番組に戻るの。びっくりしました。
今は衛星放送でNHKも見れるけど、衛星放送が始まるまで、マレーシアでテレビはあまり見ませんでした。

Dorothyさん
そうですね、小さい頃からこういった習慣を身に付けてたら、大人になっても優しい人間になる人が多いでしょうね。
テロリストって、幼い頃からそういう思考になるように宗教を教え込まれてるんじゃないのかな、と思うんですけど。だから死ぬのも辞さない強い信心があるのでは・・?
でも間違った習慣を叩き込まれたら恐ろしい・・だから、「年寄りだったら誰でも尊敬しなさい。」ということに私は全面的に賛成できません。

2006/10/20 08:28  | URL | 暇人主婦 #-[ 編集] |  ▲ top

--
>「自分がしてきたことや考えていたことを許してください。」と年上の人達にお願いする
<こういう習慣を小さいときから見に付けているなんてすばらしいですね。
いま、日本人に一番かけていること・・
2006/10/19 22:23  | URL | Dorothy #-[ 編集] |  ▲ top

--
お邪魔しまーす。ドイプイに来るタイ人の日本語ガイドをやっている人が断食月(ラマダン)だと言っていたのを思い出しました。
断食といっても夕方6時以降は食べれるなんてことも言ってましたがyamaojiは イスラム教 のことはトンと知識がなく、ただ相槌を打つだけでした。
北タイはイスラム教は少なく仏教色がこいです。
アジアを歩くと親、祖父母、などを尊ぶ習慣が多いように感じますね、日本も昔はそうだったんですが今じゃ、、、、ですね。
ドイプイにいてネットでそれらしい事件なんか聞くとつい昔は、、、なんて言ってしまうyamaojiでした。
ちなみにyamaojiにはもう祖父母はいなく両親だけですが誕生日にはTELを欠かしたことがありません。
2006/10/19 20:01  | URL | yamaoji #-[ 編集] |  ▲ top

-長幼の序!-
おはようございます
習慣が一つの歴史を現しているのでしょうか?
これは、宗教上の習いなのですか?
それとも、民族性ですか。
少なくても、日本ではなくなりつつある長幼の序ですね。韓国では、まだ色濃く残っています。とても大切な情報発信です。
でも、お年寄りが絶対ではないのですが・・・。
2006/10/19 08:07  | URL | ドラだよ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/tb.php/91-b1dd1ed7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。