スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
アブドゥラ首相-CNNのインタビュー番組
- 2006/10/15(Sun) -
昨日、バダウィ(Abdullah Ahmad Badawi)首相が CNNの「Talk Asia]という番組に出演し、初めてマハティール博士への思いを語りました。
これはベルナマ通信の昨日夕方の記事の訳です。


マハティール博士の「政治的自殺行為」説に反論する首相

クアラルンプール、10月14日(ベルナマ) -- 前任者のマハティール・モハマド博士が決定し導入したプロジェクトを縮小したり、数件のプロジェクトを破棄したのは「政治的自殺行為」だという示唆をアブドゥラ・アフマド・バダウィ首相は却下した。

22年間この国を率いたマハティール博士は今でも多くの人に一番尊敬されていると認めたが、自分も国民の大半の支持を得ていると首相は語った。

「いやいや、そんなことはない。博士は色々と言っているが、私は政治的自殺行為などとは思っていない。私は黙って、自分の信ずる事を行うだけと決めている。」

「国民は私が思うままに事を運ぶことを望んでいる。今でも国民の大半は私を支持してくれている。」首相は土曜日にケーブル・ニュース・ネットワーク(CNN)で放送されたアンジャリ氏とのインタビュー番組「Talk Asia トーク・アジア」でこう語った。

アブドゥラ首相は、マハティール首相の批判に皆が同調しているわけではないことも指摘した。

自分は沈黙を守っているが、マハティール博士の批判を無視しているわけではない。博士の批判が正しいと思えばそれなりに修正していると語った。

マハティール博士の批判を無視しているのかというアンジャル氏にの問いに対し、「自分には納得できない批判も幾つかある。」と答えた。

マレーシア・シンガポールを結ぶ新しい橋のような大プロジェクト全てを中止し、マハティール博士が導入したものを悉く縮小していると示唆されたが、首相はそれも否定した。

「導入したもの全てというわけではない。博士の一番の業績であるビジョン2020は、私の目標でもあり、共有のターゲットだ。私も同じビジョンを抱いている。私はこれを国家的使命と呼んでいる。このビジョンを達成する非常に大きな使命だ。」

政府がこの国の発展に出来ることは他にもあると信じているとアブドゥラ首相は語った。

「現政府は実用本位の取組体勢を採っている。橋プロジェクトはマレーシアの生死にかかわる問題ではない。」と首相は語った。

マハティール博士が統治しなかったら、マレーシアはもっと大きな成功を収めていたかという問いに対し、22年間首相を務めたマハティール博士はこの国のためにかなり多くの業績を残しているとアブドゥラ首相は語った。

「私達が博士の業績を誇りに思っていることは事実だ。」と彼は語った。

9月15日にシンガポール建国の父リー・クワンユー氏が中華系マレーシア人は『社会的に無視されている』と発言したことに対し、アブドゥラ首相は、根拠のない言いがかりだとあらためて表明した。

「そう、全く根拠のないことだ。多くの国民に不安をもたらす大問題だ。どうしてかって?政府への干渉と同じだと捉える者さえいるからだ。」

「中華系マレーシア人はうまくやっている。彼らは先住民族であるマレー人より裕福だ。」と首相は語った。

中華系マレーシア人の今日の成功があるのは、政府がその機会を与えたからだと首相は語った。

-- ベルナマ

関連記事
この記事のURL | 政治家・歴代首相 | CM(5) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
<<メルデカ (独立式典) ビデオ | メイン | アゴンとスルタン>>
コメント
--
ペガサスさん
私の友人も中華系が多いので、彼らの不満というか憤りはよくわかります。
バダウィ首相が「政府が機会を与えた」と言ってるのは中華系企業にもプロジェクトを分け与えた、ということじゃないかなと思います。でも、そういった面では、バダウィさんよりマハティール博士のほうが中華系企業にチャンスを与えていたみたいです。彼はいくらマレーでも頭脳明晰なビジネスマンしか相手にしなかったから。
一般国民に関して言えば、ブミプトラ制度に先住人種がしっかり守られていますよね。でも、外人の私達がそれをとやかく批判するのは止めた方が良いと思います。
外人排斥を推奨してるオーストラリアの女性政治家、もしかして、もとフィッシュアンドチップス屋のポーリン・ナントカというおばちゃんでしょう?


ドラさん
マレー人はブミプトラという保護がなかったら、とても中国人には太刀打ちできませんよね。
マハティール博士が22年間の在任中にマレー人の知的水準を随分引き上げてくれたから、今では有能なマレー人ビジネスマンも一杯いるけど。そうです、ドラだよサン!よく言ってくれました。マハティールの前にマハティールなし。マハティールの後にマハティールなし!
マレーシアは彼のような首相がいて本当にラッキーだと思います。

空港からKL市内までのジャングル・・?ハイウェイ沿いにはもうジャングルはありませんよ。
とちゅう、プトラジャヤとかサイバージャヤとかも出来ているし。


ドロシーさん
マレーシアにもオラン・アスリというアボリジニのような先住民がいます。
マレー人はマラッカ王朝の頃からマレーシアに入ってきたけど、オーストラリアのイギリス人のように、この国は自分たちが開発したのだ、だから自分達の国だ、という自負があるんじゃないでしょうかねぇ。
でも実際、マレーシアを発展させた原動力は中国人にある、といっても過言ではない。
オーストラリアもマレーシアも同じような経路をたどっているんですね。
こういうことに煩わせられない日本人でよかったぁ!日本万歳v-496v-363
2006/10/16 00:28  | URL | 暇人主婦 #-[ 編集] |  ▲ top

--
確かにオーストラリアでも、一生懸命働いているのは、オーストラリア人よりも、後から入ってきた移民の方です。
もっともオーストラリアの先住民はアボリジニで、後は全部移民と言えば移民ですが。
最初に入植したイギリス人が、今ではオーストラリア人の代表でしょうか。
2006/10/15 22:06  | URL | Dorothy #-[ 編集] |  ▲ top

-追伸-
ジャングルとは、空港から市内に向かう途中の地域のことですが?もう開発されてしまいましたか?
2006/10/15 15:00  | URL | ドラだよ #-[ 編集] |  ▲ top

-マレーの不満-
難しい問題だと思いますが・・・。マレーシアに限らず先住民族が、殖民した民族に経済・政治両面で凌駕されるっていうのは。殖民した民族は先住民より努力しているのも事実ですから。
ここに、宗教が絡むと血が流れますけれどね。
マハティールは、政治家としてはアジアでトップでしたよね。その評価は今でも変わらないと思います。
マハティールの前にマハティールなし。マハティールの後にマハティールなし。なんでしょうか?
2006/10/15 14:57  | URL | ドラだよ #-[ 編集] |  ▲ top

-微妙な問題-
>中華系マレーシア人の今日の成功があるのは、政府がその機会を与えたからだと首相は語った。

これには異議を唱える中華系の人々が多いでしょうね。特にペナンは中華系人口が多いのですが、口に出さずとも不満は抱えてますよ。あらゆる面でマレー系が優遇されてますからね。確かにマレー人はお人よしで優しい人が多い。でも中華系の人々は身を粉にして働いて、裕福になっているのです。私は彼らがいかに長時間働いてるか、見てきましたから。。
そういう人々の中には子息をオーストラリアの大学に留学させ、オーストラリア移住を考えている人々もいあす。
一方、オーストラリアでは、外国人排斥の旗印を掲げてる女性政治家が出たりして、増加するアジア人口の抑制運動が始まってますね。
このように世界の国々のボーダーラインがあやふやになってくると、色々軋轢も増えますね。
と、ずいぶん話がそれて、ごめんなさい!!!!
2006/10/15 08:45  | URL | pegasus8 #g7r.6ZAU[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/tb.php/83-984c9d58
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。