スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
猫とブーゲンビリア
- 2007/11/11(Sun) -
ブーゲンビリア1

ブーゲンビリア Bougainvillaea


和名:  イカダカズラ
英名: ペーパーフラワー(イギリス)
科名 : オシロイバナ科
別名 : 魂の花
花期 : 5~10月
原産地: ブラジル 熱帯雨林
特徴 : 南の国の熱帯花の代表。
     花に見える部分は本当は苞(ほう)で、3個の苞で形成されている。
     中にある白い部分が花。苞の色は赤、桃、橙、黄、白などいろいろ。
     ブーゲンビリアの花には香りがない
     乾燥に強い、寒さに弱い、環境の変化に弱い、日光を大変好む
     オシロイバナ科ブーゲンビリア属に属する低木


ブーゲンビリア2

実際の花は 花の中央部にある小さな三つの角のような部分
白い花が咲く(左下の写真参照)
色づいた花びらに見える部分は花を取り巻く葉(苞葉)、通常3枚もしくは6枚ある


【名前の由来】
ブーゲンビリアは、18世紀フランスの戦艦がソロモン諸島からヨーロッパへ持ち帰った花
その時の艦長の名前がブーゲンビーユ(L.A.de.Bougainville)




   花言葉:情熱、熱心
NEKO



代表的な種として、
   Bougainvillea buttiana
   Bougainvillea glabra(テリハイカダカズラ)
   Bougainvillea peruviana(ペルーイカダカズラ)
   Bougainvillea spectabilis(イカダカズラ)     がある。


日本でも多く栽培されています。
育て方は ここ をクリック

ブーゲンビリア5 ブーゲンビリア3 ブーゲンビリア4
 



関連記事
この記事のURL | 植物 | CM(3) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
<<ヘリコニア | メイン | ハンカチの花 >>
コメント
--
v-3 ペガサス師匠へ
南国の花は、花びらみたいな包葉、花びらみたいなガク・・・そんななんちゃって花びらの植物が多いのね。
調べてみて初めて知ったこと。
この猫ちゃんは、寝そべっている真後ろを誰が通ってもビクともしません。まだ子供みたいだけど、図太い神経の持ち主です。

v-3 yamaojiさんへ
テレながらも書きコしてくれた病み上がりのyamaojiさん、どうもありがとう!
でも無理しなくていいからね。まだまだ、目は十分休ませたほうがいいと思いますよ。
2007/11/11 23:48  | URL | ひー #-[ 編集] |  ▲ top

--
前にも書きましたが花の名を知らないyamaojiが1番好きな花なんですよ、ブーゲンビリアは!
この花はyamaoji的にはとにかく元気にしてくれる花なんです。
でもお花の書き込みをしている自分にテレは少なからづあります。
2007/11/11 20:27  | URL | yamaoji #-[ 編集] |  ▲ top

-ブーゲンビリア-
ブーゲンちゃんは、丈夫で育てやすいし、よく繁殖するのね。ナコンサワン当時、お庭で育てていましたヨ
ハイビスカスとともに、南国を代表するお花ですね!
でも、こんなに詳しく調べたのはさすが、ひーちゃん!
花と包葉が同じ色なので見分けがつかなかったです!
(いつも知識の泉をアリガトウ!)

お昼寝している猫ちゃんがまた可愛いワ♡
今日は私も猫ちゃんの記事です。偶然ね!
2007/11/11 10:27  | URL | pegasus8 #g7r.6ZAU[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/tb.php/597-d2b793c9
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。