スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
手術後のマハティール博士
- 2007/09/24(Mon) -
手術を受けたマハティール博士を案ずる人達のために、マリーナ・マハティールさんがその後の状況を報告してくれています。
マリーナさんのブログの翻訳です。


9月23日【日】 午後9時59分更新

定例会議後、私達家族に父の状態を説明するためにやって来たお医者様達の顔には笑顔がありました。どうやら、『医者の浮かぬ顔』と言う昨日の私のコメントを気に留めているようです。

でも、父は順調に回復しているので、彼らの笑顔は本物でした。 父は今も鎮静状態に置かれていますが、全て順調にいっています。ということは、危険を伴った昨日の手術でしたが、やった甲斐があったということです。

とは言っても、回復には時間がかかります。 長くてスローなプロセスがまたこれから始まります。 我慢、そして我慢です。 出来れば、病状が後退することなく、回復に向かいますように!

父のことを想い祈ってくださってどうもありがとう。 私たち家族は、不安が過ぎ去ってホッと一安心しています。


関連記事
この記事のURL | Tun Dr. Mahathir | CM(0) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
<<再手術後二日目のマハティール博士 | メイン | 再手術を受けたマハティール博士>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/tb.php/536-37a4e5e5
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。