スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
トゥンクー・アブドゥル・ラフマン 首相時代の写真
- 2007/09/09(Sun) -
トゥンクー・アブドゥル・ラフマン   1903年2月8日~1990年12月6日 

マレー語で「トゥンクー」とは「王子」ですが、
 マレーシアで「トゥンクー」と言えば、初代首相のトゥンクー・アブドゥル・ラフマンのこと。
正式には、
  Tunku Abdul Rahman Putra Al-Haj ibni Almarhum Sultan Abdul Hamid Halim Shah 
  トゥンクー・アブドゥル・ラフマン・プトラ・アルハジ・イブニ・アルマルフム・スルタン・アブドゥル・ハミド・ハリム・シャー
トゥンクーは 「 Bapa Kemerdekaan (独立の父)」  または 「Bapa Malaysia (マレーシアの父)」 とも呼ばれています。

 


スター新聞にトゥンクー・アブドウル・ラフマン首相在任中の写真がありました。
拡大写真は スター新聞のウェブサイト 「フォト・ギャラリー」でご覧になれます。

In academia too: Tunku receiving award from Thailand's Chulalongkorn University in the 60s. On the right is the Thai PM. - 31 August, 2007
1960年代
タイのチュラロンコーン大学(Chulalongkorn University)から
学位を授与されるトゥンクー
トゥンクーの右はタイ首相



They came calling, too: Tunku (right) introducing Cambodia�s King Sihanouk to Tunku's daughter Tunku Khadijah at his home in Penang. - 31 August, 2007ペナンの自宅で
カンボジアのシアヌーク殿下(中央)に
娘のトゥンクー・カディジャを紹介するトゥンクー(右側)



Siamese roots: Tunku had a special relationship with Thailand (his mother was Siamese). The picture shows Tunku Abdul Rahman visiting Thailand in the 60s.  His son-in-law Datuk Syed Hussein was Second Secretary with the Malaysian Embassy. From right, the Malaysian Ambassador's wife Tunku Samsiah, Tunku, Tun Sharifah Rodziah, daughter Tunku Khadijah, son-in-law Syed Hussein, Malaysian Ambassador Tunku Ngah and his daughter母親がシャム人だったトゥンクー・アブドゥル・ラフマンはタイとは特別の結びつきがあった。 この写真は60年代に、トゥンクーがタイを訪れた時のもの。 義理の息子サイド・フセインはタイのマレーシア大使館の第二書記官だった。 右からマレーシア大使夫人のトゥンクー・サムシア、トゥンクー、トゥンクー・シャリファ・ロジア、娘のトゥンクー・カディジャ、義理の息子のサイド・フセイン、マレーシア大使のトゥンクー・ガーとその娘。



Close ties: Tunku(far left) pays a courtesy call on the King and Queen of Thailand. Tunku was awarded Thailand's highest honour Order of the White Elephant. Tunku Khadijah (Tunku's daughter living in Bangkok at the time) sitting between Queen Sirikit and Sharifah Rodziah).タイの王様と女王様を表敬訪問したトゥンクー(一番左側)トゥンクーはタイの最高の名誉である白象勲章を授与されている。 当時バンコックに住んでいたトゥンクー・カディジャ(トゥンクーの娘)が、シリキット女王とシャリファ・ロジア女史の間に座っている。




Royal visit: Tunku with the first Agong Tuanku Abdul Rahman,and Permaisuri Agong in the Cairo Room at the Residency. - 31 August, 2007
宮殿のカイロ・ルームにて
初代アゴンのトゥアンクー・アブドゥル・ラフマンと女王と一緒のトゥンクー



A dignified home: British dignitaries at The Residency. - 31 August, 2007トゥンクー宅を訪れた英国高官


50 years on: The new annexe of the Residency houses the Tunku Abdul Rahman memorial, with a huge image of the first Prime Minister declaring Independence.  2007- 31 August, 2007トゥンクー・アブドゥル・ラフマン住居記念館の新しい別館
独立宣言をする初代首相の巨大像がある



The passing of a legend: Tunku was laid to rest at the Jalan Langgar royal mausoleum in Alor Star. And great grandson Johan still goes to visit. - 31 August, 2007トゥンクーはアロースターのランガー通り(Jalan Langgar)にある王室の墓に埋葬されています
ひ孫のジョハン君は、ここに眠るトゥンクーのお参りによく来ます



Flying welcome: A little Sharifah Intan is swept off her feet by Tunku upon his return to Kuala Lumpur after a visit abroad in 1958. - 31 August, 2007
1958年、海外への公式訪問からクアラルンプールに戻った時
当時 まだ小さかったシャリファ・インタンの出迎えを受け、抱き上げるトゥンクー



A grand dream come true: Tunku cutting a cake in the shape of the Perkim building after the opening of the building. Perkim was one of Tunku�s major projects well into his retirement. - 31 Augu
パキム・ビルの形をしたケーキにナイフを入れるトゥンクー
パキムは、引退前のトゥンクーの大きなプロジェクトだった



Hard at work: The Tunku at his desk in his Penang residence at Ayer Rajah Road. The Tunku always had his pipes at hand. - 31 August, 2007
ペナンのアエ・ラジャ通り(Ayer Rajah Road)にある自宅で
   執務中のトゥンクー
トゥンクーの手にはいつもパイプがあった



Date with destiny: Tunku looking at fruits from the country�s first fruiting date palm. The date palm was planted in Baling. - 31 August, 2007
初めてのマレーシア産ナツメヤシを手にし、眺めるトゥンクー
最初のナツメヤシはバリン(Baling)に植えられた



関連記事
この記事のURL | 政治家・歴代首相 | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
トラックバック
トラックバックURL
→http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/tb.php/518-378a9cd7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。