スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
スルタン・アブドル・サマッド・ビル
- 2007/07/28(Sat) -
連邦事務局ビル (Sultan Abdul Samad Building)


3

ガイドブックやクアラルンプールの紹介写真には必ず登場する建物
メルデカ広場の前

イギリスの建築家 A.C. ノーマンによる設計。
建築様式は、ビクトリア様式とムーア様式のミックス。
1894 年から 1897 年にかけて建設され、英国統治時代には政府機関として使用されていた。
現在は 高等裁判所として使用されている。
スルタン アブドル サマッド ビルディングの隣は、同じくムーア様式の建築物である旧シティ ホール。
関連記事
この記事のURL | 写真で見るKL | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
トラックバック
トラックバックURL
→http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/tb.php/474-9280e40d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。