スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
入院したマハティール博士とアブドゥラ首相
- 2007/05/19(Sat) -
5月14日、呼吸困難を訴えて、ランカウィ島で入院したマハティール元首相。
翌日には、病状が落ち着いたのでクアラルンプールの国立心臓病センター(IJN)に空路で移送されました。
 
直接の原因は心筋梗塞による肺のうっ血。 気管支炎の悪化も手伝って呼吸不全に陥ってしまったのだそうです。
5月17日午後4時のベルナマ・ニュースでは、「マハティール博士が治療に好く反応しているため、薬の投与や治療は少しずつ縮小されている。」

マハティール博士の様態は回復に向かっていることがわかったし、新聞を奥様のシティ・ハスナ博士と仲良く読んでいるトゥンの写真もベルナマ・サイトで見たし、一安心。

でも、マハティール博士の入院に関するニュースを読んでいて、気になったことがあります。
それは、アブドゥラ首相とマハティール博士との仲。

ランカウィ島でトゥンが入院した時、アブドゥラ首相はシンガポールのリー・シエンロン首相との非公式会談のために、同じランカウィ島に居たのですが、お見舞いに行かなかったのです。

ベルナマ通信のニュースです。
Abdullah Hopes Dr Mahathir Makes Full Recovery  2007年5月15日 20:18 PM



マハティール博士の全快を望むアブドゥラ首相

ランカウィ、5月15日(ベルナマ通信) - 呼吸不全のため、クアラルンプールの国立心臓病センター(IJN)に収容されたトゥン・マハティール・モハマド博士の全快を願っているとアブドゥラ・アフマド・バダウィ首相は表明した。

このリゾート・アイランドでの殺人的なスケジュールを引き合いに出した首相は、マハティール博士の実際の容態はよくわからないと語った。

「でも、彼が完全に回復することを祈っている。」火曜日、首相はシンガポールのリー・シエンロン首相との会談後に報道陣に語った。

     ・・・・・
     ・・・・・
     ・・・・・



昨年11月にマハティール博士が軽い心筋梗塞で入院した時は、今回と同じく親族以外は面会謝絶だったけれど、病院に真っ先にお見舞いに行ったバダウィ首相。
今回は、同じランカウィ島に居るのに、多忙を理由にお見舞いにも行かないし、トゥンの病状を知ろうともしていない・・ように思えるのですが。

今回も親族以外は面会謝絶ですが、KLの国立心臓病センターには野党リーダーのリム・キットシアン氏、クポン地区のDAP国会議員タン・センジアウ氏、有名なビジネスマンのアナンダ・クリシュナン氏などはお見舞いに駆けつけています。

マハティール博士の始めたプロジェクトの多くを中止した自分の政治方針を非難された時は、何の反論もせず沈黙を通したアブドゥラ首相でした。
マハティール・バッシングをしていたのは、アブドゥラ首相の周りの人達でした。
それ以後も、アブドゥラ首相の義理の息子に対しマハティール博士が批判し、さすがに温厚なアブドゥラ首相も腹に据えかねたのでしょうか?

マハティール博士はもちろん大好きですが、信心深く愛妻家、顔を見ただけでも性格の良さがわかるアブドゥラ首相も好きです。
そんな二人が仲違いしてしまって、なんか悲しい。

ところで、アブドゥラ首相が再婚するという噂は本当なのでしょうか?


余談ですが・・・
マハティール博士は、首相在任中の1989年に心臓発作を起こし、バイパス手術を受けました。
その時は、自分でプロトンを運転して病院に行き、手術を受けたそうです。
そして手術を担当した医師は、第3代フセイン・オン首相の息子です
                   元ペナン州知事の息子さんだそうです。(訂正:2007年9月11日)

マレーシアの大金持ちや政治家といった要人は自家用車はベンツ、重病になった時は、外国にまで行って治療を受ける人が多かったのです。
自分の国の医療に確信を持てないマレーシア人が多い中、マハティール博士は国産車のプロトンを自ら運転して、ユニバーシティ・ホスピタルに入院し、バイパス手術を受けたのです。
自らの命をかけて愛国心を率先して示す・・・素晴しい! とその話を聞いて私は感激しました。


【5月24日(木)追記】
心筋梗塞と肺のうっ血のため クアラルンプールの国立心臓病センター(IJN)に入院していたマハティール博士は、順調に回復し、今日の午後退院なさいました。
今後も心臓のリハビリとして、胸部の理学療法と軽い体操を続けるそうです。
退院おめでとうございま~す!

マハティール博士は、2007年日経交流会議(Nikkei Conference 2007)に出席の予定でしたが、今回の入院でキャンセルになりました。
アブドゥラ・バダウィ首相がこの会議の所信表明演説で「アジアの未来」について講演し、「アジアでの投資活動は活発で、健全な経済成長が中期的に続くことを示唆している」と楽観的な見解を発表しました。
関連記事
この記事のURL | Tun Dr. Mahathir | CM(10) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
<<有害加工(?)のアップルグアバ | メイン | インターネット不調>>
コメント
--
v-135 papahaponさんへ
マハティール博士の演説を聞けたなんてラッキー!
彼のように頭脳明晰+愛国心に燃える政治家って、ほかにいないと思います。(私が知らないだけかも・・)
マレーシア国民は、マハティール博士のような首相に恵まれてラッキーでしたね。
2007/05/21 23:35  | URL | 暇人ひー #-[ 編集] |  ▲ top

--
マハティールさんが首相当時東南アジア諸国の結束を
説いた演説を聴いて感心したことがあります。
マレーシアのことはよく分かりませんが、中国系とマレー系
の軋轢もかなりあったようにも聞いています。

日本政府の中国偏重東南アジア軽視政策に泣かされて
いる私はマハティールさんの爪の垢を霞ヶ関のお偉方に
呑ませてやりたいです。
2007/05/21 13:47  | URL | papahapon #OQOHv7Dg[ 編集] |  ▲ top

--
v-135 ドロシーさんへ
そう、マハティール博士の言葉や行動を見てると、私利私欲ではなく国のために政治家になったんだってわかるから、尊敬しちゃうんです。
人間だから間違いも犯すこともあるけれど、それを自覚したらちゃんと認めて謝る潔さもある。年取ったら、ガンコになってなかなかできることではないでしょう?


v-135 しおさんへ
>(プロトンを運転して入院)
したのは、アブドゥラ首相ではなく、マハティール博士なんです。
アメリカ属国化を推進した前首相は、今は何をなさっていらっしゃるのでしょうか?
NHKでは全然お目にかかりませんが。
息子の一人は芸能人でしたよね?


v-135 ペガサス師匠へ
現政府への批判はマレーシアでもまずいと思います。
マハティール博士の言葉さえ掲載しない新聞だってあるし、一時は講演会とかもキャンセルされる羽目になったりしてましたから。
ブロガーが新聞に訴えられたりしたので、マレーシアのブロガーは団結しています。


v-135 nurullyさんへ
ありがとうございます! 
ダイアルアップの頃はメールの送受信くらいしか使わなかったのに、今では一日中点けっ放しのことが多かったので、無いととても不便でした。
私もアルジャジーラのインタビューは見てません。アストロで放送予告をしてた番組かな?見逃しちゃったみたい。
マハティール博士がおっしゃることは、辛らつだけど本当のことが多いと思います。
相方さんのおっしゃることに、私も同感です。でもアンワール好きの相方さんに嫌われそう・・・な予感。


v-135 yamaojiさんへ
蕁麻疹で呼吸困難の時に一人で運転して病院に行ったyamaojiさんなら、マハティール首相のバイパス手術の時間のつらさがわかるでしょうね。
私も抗生物質のアレルギーで呼吸困難になって気絶したことがあります。
ドイプイからチェンマイの病院までけっこう時間かかるんでしょう?途中で意識が薄れることはなかったの?
2007/05/21 07:10  | URL | 暇人ひー #-[ 編集] |  ▲ top

--
さぞご心配のことと思います。
マハティール博士を写真等を見ても健康的なのにね、
yamaojiみたいに体系で病気が判断できるような方じゃないのに。
ドイプイから快復をお祈りしております。
yamaojiも薬にまけて体中痒みが走り蕁麻疹が出来、呼吸が乱れ、たいへんなことになって車で病院に一人で行きましたよ、速入院でした。
2007/05/20 22:49  | URL | yamaoji #-[ 編集] |  ▲ top

--
ひーさん、インターネット繋がったんですね。
よかったよかった。

マハティール博士とアブドゥラ首相の不仲説はよく聞いていたけど。
アルジャジーラかどこかのインタビュー番組で、マハティール博士がアブドゥラ首相のことをきつく批判していた、っていうのをカナダ人の知り合いから聞きました。(ワタシは見てないです・・・)

「アブドゥラ首相の娘婿のKJが火に油を注いでいる」
「アブドゥラ首相はこの娘婿のKJのいいなりだ」
とは、ウチの相方の見解です。

ウチの相方はアノア・イブラヒム氏の大ファンなので、上の二人のことになると、ちょっと感情的になっちゃうんですよ・・・
2007/05/20 17:10  | URL | nurully #-[ 編集] |  ▲ top

-マハティール博士-
博士の完全回復を心からお祈り致します!
ひーちゃんもさぞ心配なことでしょう

首相と博士が不仲?
これね、判る気がします
人間ですから、批判されたらいい気持はしません

それでも現政府への「批判」を、メディアが報じられるマレーシアの「言論の自由」に拍手です
タ●だったら、、掲載した新聞は廃刊、テレビ局、ラジオ局は、閉鎖されるでしょう
(これに関して、拙サイトに書き込みは乞う勘弁! 拙サイトも、YouTubeみたくタ●国内からアクセス禁止になってしまいます。アイム シリアス!)
2007/05/20 09:04  | URL | ぺがさす #g7r.6ZAU[ 編集] |  ▲ top

-再開通おめでとうございます。-
マハティール博士はひーさんからよく教わっていたし、有名な方なので、偉大な方と認識しています。
後任者のアブドゥラ首相も立派な方のようですね。
(プロトンを運転して入院・・・・・)

仲たがいしているのは残念ですが、前任と後任だと政策等で利害関係が直接影響するので、協調はとても難しいですよね?

ちなみにイスラエルでは、、、、、
イスラエル人が議論すると四つ?の思想と五つ?の政党が生まれる。(数は?ですごめんなさい)




日本の政治家に尊敬できる人は??????
前首相のK氏は「アメリカの属国化」政策だったし、、、、、

だからマレーシアはまだいい方かな?と思います。

(タイはプミポン国王が大変尊敬されているそうですね。でも後任は?なのでタイの人はみな王様の長生きを祈っているそうです)


2007/05/20 08:53  | URL | しおさん #-[ 編集] |  ▲ top

-本当に・・・-
不言実行、出来そうで出来ないことです。
それも、重病時には日ごろの冷静さがどこかに飛んでいってしまいそうですからね。
ひーちゃんの尊敬する方らしいわ~!
2007/05/20 00:03  | URL | dorothy #-[ 編集] |  ▲ top

--
v-135 mikarindaさんへ
ン? キャメロンハイランドに居るロングステイヤーのお友達・・・そんなお友達いたっけ・・・?
ちょっと肌寒いけど、冬のような寒さではない、暑くもない、そんな気候が日本人にはぴったりなんでしょうね。
静かでいい所だけど、私は山の中より海辺のほうがいいな。もうちょっと年取ったら、嗜好もかわるかな?
2007/05/19 23:49  | URL | 暇人ひー #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは
ネットが繋がるようになったのですね!
とりあえずよかったです。
それにしても・・・この内容・・・
どこかでいつでもありえるお話ですよね。
仲がいいのか悪いのか?
誤解が誤解を生むこともあるんでしょうけど、
やっぱり人を心配したり感謝する心って、自然と態度にでるんですよね。
偉い人になるとわかりづらいですが、
自分が好いている人同士はせめて仲良くしていて欲しい気持ち、よくわかります。
話は違いますが、今日の夕刊にキャメロンハイランドで定年後を過ごす方の記事が載っていました。
マレーシアの軽井沢として、ロングステイ者には盛況なんだそうです。
ひーさんのお友達にもいらっしゃったなと思い出しました。
きっといいところに違いありませんね。

2007/05/19 22:49  | URL | mikarinda #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/tb.php/404-548fea0f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。