スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
「マレーシア・サッカーの父」は初代首相Tunku Abdul Rahman
- 2006/07/08(Sat) -
2006年度の日本のFIFAランキングは18位。
それでマレーシアは・・・?と調べたら、127位。

Betting(賭け)が絡んでることも大きいんだろうけど、自分の国の試合が見れないワールドカップにどうしてこんなに熱くなるんだろう・・・?とマレーシアのサッカーのルートを調べてみました。


マレーシアの建国の父である初代首相トゥンクー・アブドゥル・ラフマンが、サッカーの普及に大きな貢献をしていることを発見!

トゥンクー(アブドゥル・ラフマン -長いので以下省略)は、日本サッカーの恩人でもあるんです。


19世紀半ば、サッカーが生まれた頃にマレーシアはイギリスの植民地となりました。
イギリス人居住者が多くなるとともにサッカーも普及し、1933年にはイギリス人中心のサッカー協会(FAM)ができました。

その発足から約20年経った1951年にはマラヤ・フットボール協会(FAM会長に、初めてマレーシア人が就任しました。それがトゥンクーです。

それまでのFAM会長は、1933年の創設からずっとイギリス人でした。
Sir Andrew Caldecott(初代会長1933~) → M. Shelley → DR J. Webster → S. Scott → R. Williamson → Adrian Clark(~1940) → J. King(1945~) → H. Bryson →Dr. C Rawson(1950~1951)

マレーシアが独立したのは、1957年。
トゥンクーがFAM会長に就任した時は、イギリスからの独立運動が起こっていた大変な時期です。

そんな中でトゥンクーは、1954年のアジア・サッカー連盟(AFC)創設にも貢献しています。
そのためか、AFCの本部はクアラルンプールにあります。
マレーシアはアジア・サッカーの中心地だった(今でも?)のです。
1958年~1977年の20年間は、AFC会長も務めています。


1957年にマレーシア独立を勝ち取ったトゥンクーは、その記念としてアジア中の代表チームを集めて「Merdeka Tournament (独立記念トーナメント)」を開催しました。
その大会のための会場をクアラルンプールに建設し、Merdeka Stadium  (メルデカ・スタジアム)と名付けました。

このスタジアムでは今でもサッカーの試合が行われます。
マイケル・ジャクソンやマライア・キャリーもここでコンサートをしました。
このメルデカ・トーナメントは毎年8月に開催されるようになりました。

トゥンクーは1959年の「アジア・ユース大会」をはじめ 数々の大会を催し、アジア・サッカーのレベルアップに貢献しています。

1959年、トゥンクーは 第三回メルデカ・トーナメントに日本チームを招待しました。
その頃の日本チームは、マレーシアなんかとは比べ物にならないほど 弱かったそうです。

その後も、観客を動員できないと反対するトーナメント組織委員会を押し切って、親日家だったトゥンクーは日本チームを招待し続けました。


今ではマレーシアと日本の立場は逆になっていますが、昔はこんな具合だったんですねぇ。
でもその頃、日本でもサッカーしてた人達が居たということに驚きました。

トゥンクーの後は、1974年に第二代首相のトゥン・アブドゥル・ラザック・ハジ・フセイン (Tun Abdul Razak Haji Hussein) が会長を引き継ぎましたが、一年間だけでした。
ちなみにマハティール元首相はフットボールは見ないそうです。


現在のマレーシア・フットボール協会(FAM)の会長は、パハン州のスルタン(王様)です。殿下のお名前はSultan Haji Ahmad Shah(アフマド・シャー殿下)。

この殿下はFAMを現代的なプロリーグに変革、という偉業を成し遂げています。
現在のFAMにはSuper League(8チーム)とPremier League(16チーム)、二つのリーグがあります。

チームの名前は、・・・
私、マレーシアン・リーグ見ないから・・・、イイカッ! 省略。
(リーグ名をクリックすれば、其々のホームページにリンクします。)
大住良之氏が書かれた日経新聞のサッカー・エクスプレスの記事を見つけました。

その中に、第30回メルデカ・トーナメントに出場した日本チームのメンバー名がありました。
全然知らない人ばかりだけど、記しておきます。

GK松井清隆(日本鋼管)、DF勝矢寿延(本田)、加藤久(読売)、金子久(古河)、堀池巧(順天堂大)、MF西村昭宏(ヤンマー)、宮内聡(古河)、越後和男(古河)、木村和司(日産)、FW原博実(三菱)、手塚聡(フジタ)。監督は石井義信。

【2006年12月18日追記】
あっすぅさんのブログ(我日日想馬来西亜)に、来日中のバルセロナの試合で活躍するマレーシア人審判のことが、熱く語られています。
関連記事
この記事のURL | 政治家・歴代首相 | CM(0) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
<<Citrawarna Malaysia 2006 | メイン | マハティール博士のスピーチ・ビデオ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/tb.php/33-00d07b5b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。