スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
中国人のお葬式
- 2007/03/16(Fri) -
150307chinese funeral1知人のお祖母さんが亡くなったのでお通夜に行って来ました。
知人は中華系です。  

亡くなったお祖母さんは、101歳の大往生! 

「 寿高
     一百有一 」
 
                     と書かれた提灯が、受付の所に下がっていました。

150307chinese funeral2提灯の横で、白いTシャツ、腰に赤いヒモをつけているのは、亡くなった
お祖母さんの遺族。

右の写真の黄色いテーブルが祭壇で、その後ろにお祖母さんの遺体を
収めた棺おけが置かれていました。

チャイニーズは、百歳以上の大往生を遂げると、遺族は喪に服したりせず、祝って送り出すため、赤字の提灯、赤いヒモなのだそうです。
もし、百歳前に死ぬと、提灯の字は青色




このお祖母さんは、街角によくある中華系の食堂の持ち主でした。
昔は自分で切り盛りしていましたが、高齢になり、他の経営者にこの店を貸し出していました。
でも、「自分が死んだら、この店で葬式をして欲しい。」という遺言だったため、食堂が斎場になったのです。

このお祖母さんが亡くなったのは月曜日。 そして埋葬は金曜日です。
月曜~金曜まで食堂は営業できないから、店を借りてる経営者から文句がでないのかな・・?と聞きました。
「葬式はこの店で。」という条件で、貸し出したのだそうです。




亡くなったお祖母さんが、天国で暮らすためには、必要なものがあります。
その『生活必需品』は紙で作られます。 
お祖母さんが、天国に一緒に持って行けるように、紙製の『生活必需品』を燃やしてあげるのだそうです。


お祖母さんが天国に持って行く物です。 すべて、紙と木で作られています。
150307chinese funeral3150307chinese funeral4  
  大きな家!
  庭には車、バルコニーにはテーブルや
  ベンチ、部屋の中にはベッドや箪笥
  
                  右の写真の奥に見えるのは、お通夜に訪れた人たち。

150307chinese funeral6
右の写真は、階段。
お祖母さんが天国にたどり着くには、この階段を登って、
渡りきらなければならないのです。


150307chinese funeral7
麻雀のテーブル。
お祖母さんは麻雀が大好きだったそうです。
椅子も四つありました。


150307chinese funeral8
テレビ、CD&DVDプレーヤーもありました。
赤と黄色の箱の中には、紙でできたお洋服。
左端の薄緑色のものが麻雀用の椅子 (二つ重ねてあります)


150307chinese funeral5
お祖母さんは、天国で車を運転するのでしょうか?



私がお通夜に行ったのは水曜日。
『天国の生活必需品』を燃やすのは木曜日。
お祖母さんの埋葬(火葬なし)は金曜日です。




150307chinese funeral10  これは太鼓やシンバルの合奏。
  あまりにもうるさくて、何のためか聞くのを忘れました。
  遺族も耳をふさいでます。



150307chinese funeral11150307chinese funeral12  祭壇とは別に、こんなものがありました。
  
  一番上に、三人の神様が居ます。
  お祖母さんが、天国に向っていることを神様に
  報告する神様だそうです。
  三人それぞれに、違う役割があるそうです。


150307chinese funeral1213150307chinese funeral121313  太鼓の合奏が終わったら、この前で坊さんのような
  黄色い着物を着た人達の合唱が始まりました。
  遺族は、その後ろでお線香を持って合掌。

  これは、お祖母さんが天国への道中、道草をしたり、道に迷ったりしないように、導いてあげる歌なのだそうです。
  右は、三味線のような形、でもバイオリンのように弦で弾く、中国の古典楽器(名前、何というのでしょう?)でその歌の伴奏をしていたおじさん。




このお祖母さんのお葬式には、獅子舞(ライオンダンス)もあるそうです。
ずっと以前にも 友人のお父さんのお通夜に行ったことがありますが、こんなに豪華ではありませんでした。
お通夜に来た人達が、外で麻雀をしていたのが印象的でしたが、ここのお通夜は、時間が早かったせいか、麻雀している人は居なかったようです。



所変われば、葬式も変わる・・・
大変興味深い経験をさせて頂きました。 
お祖母さんのご冥福をお祈りしてきました。

関連記事
この記事のURL | 宗教 | CM(13) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
<<Sikit Sikit Bahasa18 -標識・サイン | メイン | 世界初!海賊版CD捜査犬>>
コメント
--
v-135 mikarindaさんへ
>100歳超えていないとまた違う雰囲気だったのでしょうか?
さぁ・・・どうなんでしょう。今度友人に聞いてみますね。
それが「大往生で目出度い、喜んで送り出そう。」と「死んで哀しい。」という気持ちの違いがあるけれど、100歳過ぎても過ぎなくても、チャイニーズのお葬式ってにぎやかみたい。


v-135 蘭子ちゃんへ
そういえば、KLでも地面にお線香立てて、お饅頭とか置いてあって、何か燃やしてい形跡があったような記憶が・・・
何の日なんだろう・・・? 友人に聞いてみますね。
2007/03/19 00:25  | URL | 暇人ひー #-[ 編集] |  ▲ top

--
そういえば、Singaporeでもなんて言うのか忘れちゃったんですが、10月頃に、(日本の秋のお彼岸時期)
道端でゴミをあちこちで燃やしてて・・・「何だろう?!」と思って、ローカルの友人や同僚に聞いてみたら、やっぱり日本のお彼岸に似た意味があるそうなんですけど、「ご先祖さまなどの為に、生活必需品や嗜好品を燃やして天に届く様に。する」らしいんです。
で、同じ様に紙で出来た、「お札」や車、家、、etc
そして、『最近は、携帯電話が流行ってる。でも、私は死んだ人から電話が来たら怖いから嫌だけどね。』って言ってたの。を思い出しました。
2007/03/18 20:01  | URL | 蘭子☆ #OARS9n6I[ 編集] |  ▲ top

--
興味深く読ませていただきました
本当にところ変われば、ですね
100歳超えていないとまた違う雰囲気だったのでしょうか?
いずれにしても、いろいろと勉強になります
お通夜の中の写真撮影、お疲れ様でした!
2007/03/17 22:56  | URL | mikarinda #-[ 編集] |  ▲ top

--
v-135 sayaさんへ
タイプーサムの時のインド人は、ペナンのインド人じゃないんだ・・・
ペナンのインド人は皆、ママッなのかな? 多いよね?
この土葬にするおばあさんは、海南(ハイナン)人なのだそうです。
KLのチャイニーズのお墓って、遠くから見ると、土葬のお墓に見える。中に入ったことないけれど。

v-135 yamaojiさんへ
なるほど~。ありがとうございました!
2007/03/17 12:05  | URL | 暇人ひー #-[ 編集] |  ▲ top

--
はい、 映画での キョンシー は半お化けのようですが、それを鎮める僧侶が黄色い袈裟みたいのを着ていましたよ。
2007/03/17 01:59  | URL | yamaoji #-[ 編集] |  ▲ top

--
ペナンは中国人が多いです。
タイプーサムの時だけ、周辺の州から集まってくるから、
インド人 人口が↑↑↑するよーだけど。


で、土葬か火葬か。
ワタシも気になって、仕事先のスタッフに聞いてみました。
みんな「火葬よ、土葬はマレー人。一緒にしないで!」とσ(^_^;)。
ペナンとKL、言葉も違えば文化も違うのかな?

インド人は、今度お友だちに聞いておきます!
2007/03/17 01:01  | URL | saya #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

--
v-135 yamaojiさんへ
キョンシーって聞いた事あるけど、お化けのこと?v-39
二胡って言うんですか? そういえば、三味線は三本だけど、これは二本だったような・・・

v-135 マサラッキさんへ
写ってないでしょ?!v-38 エ? エ・・・?v-38
亡くなったお祖母さんには生前お会いしたことないから、祭壇のところで手を合わせて、ご冥福をお祈りしましたが、死に顔は拝見しませんでした。
死んだ人の顔って印象が強くて、なかなか頭から離れないから。

v-135 ペガサス師匠へ
積み重ねてあった赤と黄色の箱は、チャイニーズニューイヤーのみかんのつもりかと思ったら、洋服、しかも紙で作ったv-324洋服がたんと入っている、というのにはちょっとビックリ。
お家は、燃やしてしまうのがもったいないように、部屋の中まで細かく作ってありました。
リカちゃんじゃないけど、紙製のお人形さんも入っていました。
男のお人形さん。v-434お祖母さんのパートナーにするつもりか・・・?

v-135 dorothyさんへ
あっ、そう言われてみると、ゴミ袋のようなものが・・・
写真を撮っている私の後ろにはお祖母さんの入った棺おけがあったのです。
なんか後ろを気にしながら撮っていたから、その時は全然気づかなかったの。
なんなんだろう・・・?
マレーシアでは、マレー人は土葬、カトリックも土葬、仏教徒の中国人も火葬より土葬のほうが多いようです。インド人はどうなんだろう・・?インド人の友達いないからわからない・・・
そうだ! sayaさん v-155 に聞こっと。

v-135 sayaさんへ
ちょっと、ちょっと、sayaさん、お墓の前に住んでるの・・・?!
怖くない? 私、怖い・・・v-404
それで、ペナンの中国人は土葬じゃないの?
ペナンってインド人多いでしょ?インド人は土葬?火葬?
中国人のお葬式は、ホント、賑やか・・・
でも中国人でもカトリックのお葬式は、v-259厳かでした。去年、お葬式に出席しました。

v-135 kikiさんへ
>むこうでの旅代といってお札を袋に入れて火葬します
・・・・・これって、本物のお札?
 中国人のお葬式みたいに、紙でできたお札を入れるとは、聞いたことない・・・
kikiさんのお祖母さんの住む地方って九州?
福岡では、そんなことするのかな・・・?聞いたことないです。
2007/03/16 23:42  | URL | 暇人ひー #-[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは-
文化の違い、思想の違い、慣習の違いを感じながら
読ませて貰いました。

紙で作って・・
私の祖母の住む地方では三途の川の・・とか
むこうでの旅代といってお札を袋に入れて火葬します。

そして精霊流し

このおばあちゃんはお店を本当に大事にされてきたんですね。
貴重なお話しを聞かせて頂いて
ありがとうございました
2007/03/16 12:14  | URL | kiki #-[ 編集] |  ▲ top

--
実はワタシの家、中国人の大きなお墓の前。
マーチングが陽気な音楽を流しながら歩く日は、
「あ・・・お葬式なんだなぁ」
と思ふ。
そして祭儀場では、夜まで食事&飲み会が続きます。
あ、お母さまは火葬なしなんですね。
ホント興味深い!

ご冥福をお祈りするとともに、
101歳!見習わせてもらいたいです(笑)。
2007/03/16 12:08  | URL | saya #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-いろんな場面の-
写真が一杯。
いちいち大きくして興味深く見ましたよ。
大きな車・・・力が入ってますね。
そのそばにある、グレーの一見ゴミ袋がどうしても気になりました。
この場に不釣合いな・・・
この楽器、三味線を小さくしたような・・・当地でも、中国のおじいさんが街角で、弦を使って弾いています。
黄色とか赤とか、およそお葬式にふさわしくない色が好きですね。
今どきでも土葬なのですか?
いっしょにお葬式に参列したような気分です。
2007/03/16 11:19  | URL | dDorothy #-[ 編集] |  ▲ top

-小説か映画のよう-
こういうシーンは小説で読み、映画でも見ましたよ
101歳の大往生なら、かえっておめでたいというものでしょう。
まるでリカちゃん人形の道具のような、おうちから車、お金もありましたよね(買ったことあり)
燃やすのがもったいないようです。
それにしても、ひーちゃん、沢山写真を撮りましたね!
2007/03/16 08:24  | URL | pegasus8 #g7r.6ZAU[ 編集] |  ▲ top

-写ってないよね?-
興味深い異文化の情報、とても勉強になりました。

でも、お通夜とかお葬式の写真って
「見えてはいけない何か」
が写っていそうで怖いです~v-12
2007/03/16 07:26  | URL | マサラッキ #8Rgtr7jg[ 編集] |  ▲ top

--
タイの中華系の葬儀とほとんど同じようにみえます。
それにしても101歳は大往生でしたね。
モン族も死に装束は赤なんですよ。
ルーツが雲南省だからかもしれません。
黄色い着物、、、は映画キョンシーで見たことがありました。
多分この楽器は 二胡 という楽器では?
参列お疲れ様でした。

2007/03/16 02:01  | URL | yamaoji #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/tb.php/329-86cc2386
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。