スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
ペラナカンの由来
- 2007/03/09(Fri) -
20070307RestoranMuar2
Restoran Muarは、ブキット・ビンタンのアロー通りのお隣、
テンカット・トンシン通りにあるニョンヤ料理の店です。
  
Muar(ムア)とは、ジョホール州にある町の名前。
きっとお店の持ち主が、ムア出身のペラナカン(続に説明)なのでしょう。

20070307RestoranMuar3Jonker st店内には、昔のマラッカの街、ニョンニャババ(続に説明)の写真が飾ってあります。

右の写真は、1890年代のマラッカのジョンカー通り(Jonker Street)
 
現在のジョンカー通り、そしてマラッカの様子は、
   マラッカ在住のTonyさんTony’s Netでご覧になれます。 




   2~3人用 ランチセット 25.90ドル(=900円)     ←RM1.00=35円で計算
   20070307RestoranMuar5   20070307RestoranMuar4   20070307RestoranMuar6
  空芯菜のブラチャン炒め   えびとイカの炒めもの       アッサム・パダス魚


20070307RestoranMuar7
           これは追加オーダーの 「蒸し豆腐」
           かかってるソースが美味しい!
           お値段は6ドル (=210円) 


20070307RestoranMuar8    20070307RestoranMuar9
  これはチャンドール (Cendol) 
  コンデンスミルクのかかったカキ氷に小豆と緑のモノ(?)が入っている
             ランチセットを注文すると 1リンギ(=35円)!



20070307RestoranMuar1020070307RestoranMua1
   Restoran Muar Home Cooking Cuisine
      No.6G, Tengkat Tong Shin,
      Off Jalan Bukit Bintang
      50200 Kuala Lumpur
      Tel:603-2144-2072




butter kailan   steamed herbal chicken   steamed toufu   2007_10Oct_18 018
バター・カイラン     蒸し煮ハーブチキン       蒸し豆腐        営業時間

もやし&塩漬け魚   ニョンニャスタイル鶏肉フライ
Peranakan (ペラナカン)

「ペラナカン」という言葉は 「現地人と結婚し同化した中国移民の子孫」 というインドネシア語からきています。

中国は、何時の時代も世界中の国々と貿易をしてきました。

1368~1644年の明朝時代、皇帝がマレー半島でも交易に最適地であるマラッカとの関係を強化するため、スルタンの所に王女のハン・リーポー・Hang Li Poをお嫁入りさせました。

王女さまは500人の家来を連れてマラッカにやって来ました。この王女さまの家来がマラッカのチャイナ・ヒル・China Hillに住むようになりました。
彼らがマレーシアに定住した最初の中国人です。
 
マラッカに定住した家来たちは、現地のマレー人女性と結婚し、中国人とマレー人の混血「ペラナカン」第一世代が誕生しました。
ペラナカンの男性は「ババ・Baba」、女性は「ニョンニャ・Nyonya」と呼ばれます。

ババやニョンヤは、中国の習慣・伝統を守りながらも、マレーの生活様式を取り入れ、マレーシアに溶け込んで行きました。
ですが、ペラナカンのコミュニティ内で結婚することを好んだため、彼らには独特の文化が生まれました。

マレー語を話し、マレーのサロン・ケバヤを纏い、結婚式も伝統的なマレー式です。
このユニークな中国とマレーの文化の融合から、ニョンヤ料理が生まれました。 



ペラナカンであるババニョンニャは、イギリスの支配とともにペナンやシンガポールにも移り住むようになりました。

1791~1824年のペナン、シンガポール、マラッカ海峡は、イギリスの支配下にあったため ストレイト・セトルメントStraits Settlements(海峡の定住地)と呼ばれていました。
そのため、ペナンやシンガポールに定住したペラナカンは、ストレート・チャイニーズStraits Chineseとも呼ばれます。


  
  
関連記事
この記事のURL | 由来&歴史 | CM(10) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
<<Sikit Sikit Bahasa16-標識・サイン | メイン | バンダラーヤ>>
コメント
-蘭子ちゃんへ-
あっ、そうかぁ~、タピオカね。
そういえば、歯ごたえがタピオカだものね。
タピオカってボールのような丸だけかという思い込みがあったから、考えもしなかった。
どうもありがとうv-363
2007/03/11 00:16  | URL | 暇人ひー #-[ 編集] |  ▲ top

-【チェンドルの緑のもの】、-
タピオカとかじゃないですか??マレーのお菓子って、タピオカ使ったものが多いし・・・寒天やゼリーよりも弾力ありますもんね。(それか緑豆のグルテンとか??)なんだろう~~~?!
2007/03/10 23:07  | URL | 蘭子☆ #OARS9n6I[ 編集] |  ▲ top

--
v-135 mikarindaさんへ
このお店はそれほど古くからあるものではないようです。
マレーシアの物価は日本の三分の一くらいです。
日本から観光で来ると、すご~く安く感じると思いますよ。

v-135 蘭子ちゃんへ
もう蘭子ちゃんと呼ぶのに戸惑いは感じません!v-411
私も覚えたマレーシア料理を日本で作ってみたら、なんだか美味しくなかったので、日本に帰ったら日本料理ばかりです。
シンガポールでマレー料理を食べたら、あまり美味しくなかった。ホテルのマレー料理だからかな・・・と思ってました。
でも中華料理は美味しかった。
マレー人の数が少ないから、マレー料理はあんまり美味しくないのかなぁ?
そうそう、蘭子ちゃん、チャンドールの中に入ってる緑の[モノ、何からできてるか知ってる?
2007/03/10 01:36  | URL | 暇人ひー #-[ 編集] |  ▲ top

--
(名前変えてみました。笑)
ペラナカン料理、私も好きです♪(チェンドルも好き)
SINGAPOREよりも、マレーシアの方が味付けがしっかりしてて美味しい。って思いました。チリペーストとか色々買って帰国してから、作ってみたりしたんですが・・・日本で食べても?って感じなのは・・・気候や空気も違うからなのかしら?すぐに食べれるひーさんがとても、羨ましい~です。^^* 
こんなに綺麗なレストランなのに、すっごくリーズナブルなんですねぇ~良いな、全部美味しそう♪
2007/03/09 23:03  | URL | 蘭子☆ #OARS9n6I[ 編集] |  ▲ top

--
v-135 Dorothyさんへ
蒸し豆腐にかかっているソースの色から、マーボー豆腐を連想するんでしょう?このソース、炒めた玉葱がベースだったみたい。玉葱の甘みが砂糖の甘さと違って美味しかったです。

v-135 kikiさんへ
日本の物価に比べたら子のお値段、すご~く安く感じますよね。
この程度の値段が、マレーシアでは普通です。
でもこのレストランのランチは、美味しいからすごく得をした気分になれます。
kikiさんもクリック基金してくれてるんですね!v-221

v-135 ペガサス師匠へ
ペラナカンがタイにも居るとは知りませんでした。
マレーシア近くの南部タイにいるモスレム?それともタイの部族と混ざったペラナカン?

v-135 yamaoajiさんへ
>ニョンヤ料理っなんですか?
v-158で説明していますが、説明不十分だったでしょうか・・?
2007/03/09 22:46  | URL | 暇人ひー #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
なるほど!お勉強になります。
ここも歴史あるお店、でしょうか?
どれも美味しそうで、なんといっても安いですね。
物価が違うんでしょうか。
どれもヘルシーそうな感じがします。

2007/03/09 22:34  | URL | mikarinda #-[ 編集] |  ▲ top

--
ニョンヤ料理っなんですか?
重みのある木の椅子って好きなんです。
チャンドール、これはタイとほとんど同じですね、コンデンスミルクじゃなくココナッツミルクをタイではかけます。
ミドリのものは日本だったら葛粉の水菓子ですね。
チュルンと食べられると思います。
デザート付きで、
今日もご馳走様でした。

2007/03/09 21:15  | URL | yamaoji #-[ 編集] |  ▲ top

-ペラナカン-
このお料理は、タイで食べられそうなものが多いですね。クウシンサイと、海老・イカ炒めが特に好き! どちらも、よく食べています

Peranakan (ペラナカン) は、タイにも移住してきてた?っていうか血筋は違っても、中国からの移民がタイで定着したのでしょうね。
凄くお勉強になりました~♪
(私ももっと調べなくちゃ、と反省!)
2007/03/09 11:48  | URL | pegasus8 #g7r.6ZAU[ 編集] |  ▲ top

-おいしそう~~-
黄色の壁の色具合が素敵ですね!!
マホガニーの家具にも合いそうで素敵です♪

お皿、全部大きくして見ました・・
おいしそう!!!

しかも、
お徳じゃないですか??この価格!
ストレート・チャイニーズ、勉強になりました^-^
毎日、基金クリック♪
2007/03/09 11:32  | URL | kiki #-[ 編集] |  ▲ top

-これはこれは・・-
おいしそうだ。
蒸し豆腐はマーボー豆腐を連想させる・・
それに安いのね。
ペラナカン・・・なるほどです。
王様やその家来の子孫だ何て、鼻が高いでしょうね。
2007/03/09 10:02  | URL | dorothy #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/tb.php/320-e9f7e534
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。