スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
マハティール博士のスピーチ・ビデオ
- 2006/07/06(Thu) -
マハティール博士が、6月24日にTaman Melawatiにあるセンチュリー・クラブ(Century Paradise)で講演を行いました。

引退の際「政治には口出ししない。」と約束したにも関わらず、政府やアブドゥラ首相に対する批判を口にするようになった理由や、シンガポールについてお話されています。

この講演会はNGO(民間団体)が主催したもので、野党のPAS議員もマハティール博士のお話を聞きに来ていました。

そのため、先頭に立ってマハティール批判を行っている首相府のNazri(ナズリ)相は、「敵と共謀するような博士は、UMNOを離党すべきだ。」とまで言い出しました。

これに対し、マハティール博士は、こう語っています。
6月27日(火)The Sun より

・・・"Everyone was there. Many people shook hands with me and I smiled. If people come and shake hands with me, what can I do? I gave a talk organised by NGOs and PAS came. I did not organise the talk. I went there and they (PAS) were there ... so be it."
Mahathir also reminded Nazri that Umno does not belong to him.
"It belongs to all Malays and he has no right to say who should be in or out. Before he was born ... I was already in Umno."・・・

「いろんな人が来ていた。多くの人に握手を求められ、笑顔で応じた。握手をしてくれと言われたら、そうするしかない。NGOが主催した講演会で私はしゃべっただけで、それにPASのメンバーが来ていた。私が講演会を主催したわけではない。招待されて私がそこに行き、彼ら(PAS)がそこにいた・・・そういうことだ。」
またマハティール博士は、UMNOはナズリ相のものではないと釘を刺した。
「アムノーはマレー人のものだ。誰が党に入るか辞めるかなどナズリが指図する資格はない。彼が生まれる前から・・私は既にアムノー党員だった・・・」


マハティール博士、相変わらず強気です。

このマハティール博士の講演はマレー語です。

マハティール博士のサポーターが個人的に撮ったビデオのようです。音声が悪くて聞き取りにくく、1時間以上にもわたる長いスピーチですが、マレー語がわかる方は是非聴いてください。
1. Ucapan Tun Dr. Mahathir di Century Paradise (24 June 2006)
   マハティール博士の講演
2. Dialog Tun Dr. Mahathir di Century Paradise (24 June 2006)
   講演後の質疑応答

1. Audio Sidang Akhbar Tun Dr. Mahathir ( 9 June 2006)
   オーディオのみ・英語とマレー語での記者会見 → 自分が「悪者」に仕立てられた現状への見解、イスラム、プロトン、アグスタについてマハティール博士が話しています。音声は極めて良好。

私、マレー語勉強しなくっちゃ。よくわかんない・・・


2006年9月10日(日曜)
 上記の「マハティール博士の講演ビデオ」は、Gerbang Temour Maya(UMNOアムノー支持者のサイト)が閉鎖されたために、もう見ることができません。

2006年110月15日(日)
YouTubeでこのビデオを見つけました!
マレー語ですがどうぞご覧ください。
 




これはNo.1~No.8まであるビデオのうちのNo.1。
マハティール博士のスピーチはNo.7まで。

No.2
No.3
No.4
No.5
No.6
No.7
No.8
関連記事
この記事のURL | Tun Dr. Mahathir | CM(0) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
<<「マレーシア・サッカーの父」は初代首相Tunku Abdul Rahman | メイン | マハティール博士とマングリッシュ'half past six'>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/tb.php/32-a9212ad0
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。