スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
アルタントゥヤさん殺人に関するアンワル氏の見解
- 2007/01/12(Fri) -
マハティール博士が首相だった頃、副首相兼財務相だったアンワル・イブラヒム氏が、モンゴル人アルタントゥヤさんの殺人事件に関して、発言しています。

これは1月11日【木】Sun新聞に載った記事の翻訳です。
原文は  をクリック。



アンワル:「私達には知る権利がある。」

クアラルンプール(2007年1月27日) : モンゴル人アルタントゥヤ・シャアリブさんの殺人事件の調査は、誰かを恐れたり、誰かを有利にすることなく行われるべきであり、この事件の責任者は全員記録されるべきだ、その事を国民は知る権利がある、と国民正義党のアドバイザーであるアンワル・イブラヒム氏は語った。

今日、自宅で行った記者会見で、政府がフランスから購入した約10億ユーロ(46億リンギ)のScorpene潜水艦とAgosta潜水艦の取引に、アルタントゥヤさんが関与しているかどうかという疑問が持ち上がっている、とアンワル氏は語った。

「責任がないとか汚職はないなどという政府の弁明は、全く受入れられない。手数料が売り手から第三者に支払われて、政府資金は全然関与していないと政府は言っているが。」

「これは見え透いた嘘だ。潜水艦購入の価格計算段階になる前に、そんな多額の手数料を払うようなメーカーなどあるはずがない。」と彼は語った。

「この1億1,400万ユーロ(5億3千万リンギ)の手数料は、何所から見ても法外だ。国民は、この巨額の支払から利益を受けているのが誰だか知る権利がある。」

ファーイースタン・エコノミックレビュー誌が、ペリメカー社は総契約価格の8%を6年間に渡って受取ると2002年に報じているとアンワル氏は語った。

その雑誌によると・ペリメカー社はアブドゥル・ラザック・アブダラーとその仲間が所有するオムバック・ラウ社が全額出資しているそうだと彼は語った。

オムバック・ラウ社はその後ペリメカー社の40%をレンバガ・タブン・アンカタン・テンテラとその関連会社に売却していると彼は語った。

どうしてそのような事まで知っているのかと聞かれたアンンワル氏は、中には公に知られている事もあるし、自分は内情に通じているからだと言ったが、詳しくは語らなかった。

政治アナリストのアブドゥル・ラザックは10月18日のアルタントゥヤさん(28歳)の殺人教唆罪で起訴されている。

       ーーーーー
       ーーーーー
       
      選挙、高速料金についての話なので省略

       ーーーーー
       ーーーーー

政治家は、「自分も含めていつも博識なわけではなく、時には『間抜け』なこともしでかす。」というマハティール・モハマド博士の発言について、「その愚かさのつけは、貧しい国民に払わせるのではなく、政治家自身が払うべきだ。」とアンワル氏は語った。




この事件を追求しているブログがあります。
 “in-human rights”


 Datuk Seri Anwar Ibrahim → アンワル・イブラヒム氏
 Parti Keadilan Rakyat  → 国民正義党(アンワル・イブラヒム氏の妻ワン・アジサ夫人Wan Azizahが党首)
 Altantuya Shaariibuu  → アルタントゥヤ・シャアリブさん
 Far Eastern Economic Review  → ファーイースタン・エコノミックレビュー(経済雑誌)
 Perimekar Sdn Bhd  → ペリメカー社
 Ombak Laut → オムバック・ラウ社
 Abdul Razak Abdullah  → アブドゥル・ラザック・アブダラー(バギンダ
 Lembaga Tabung Angkatan Tentera → レンバガ・タブン・アンカタン・テンテラ(LTATと略して呼ばれる)、軍退役者への恩給と福祉、そして社会経済開発を目指す国防軍の関連会社です。




過去の投稿です;
 - 2006/11/14(火) -モンゴル・モデル殺人事件
 - 2006/11/16(木) -モンゴル・モデル殺人事件続報 1
 - 2006/11/20(月) -モンゴル美人殺人事件続報 2
 - 2006/11/22(水) -モンゴル美人殺人事件続報 3
 - 2006/11/25(土) -モンゴル美人殺人事件続報 4
 - 2006/12/18(月)-モンゴル美人殺人事件続報 5 
 - 2007年1月7日(日)-モンゴル美人殺人事件続報 6
この記事のURL | 事件 | CM(7) | TB(1) | ▲ このブログのトップページへ
<<マレーシアの植物 | メイン | Sikit Sikit Bahasa13-好き嫌い>>
コメント
-なるほど~、本の題名。-
こういう政治がらみの話って、自分の住んでる国でもないから興味わかないし、つまんないでしょうね。ごめんね~!
でもね、あまりにも殺され方がショッキングだったし、被害者が美人の外人だし、興味を持ってしまったのです。
松本成長清張の小説ですか?読んだ事ないから、ストーリーもわからない・・・
予約投稿、私もなかなかうまくいきません。いっつも、予約した時より前にアップされちゃうの。なんでかな~?
2007/01/14 02:38  | URL | 暇人ひー #-[ 編集] |  ▲ top

--
訳は分かりやすいけど、政治経済にとにかく弱いの・・
「けもののみち」、は松本清張の古い社会派推理小説。
日本ではドラマ化されたのよ。
ひーちゃん好みだと思う。

ところで、早々に拙ブログ記事の渦、にきてくださってコメントありがとう。
でも、実はこれ、15日用の予約記事。コメントごと待機の予約投稿にしました。あしからず。
2007/01/13 16:45  | URL | Dorothy #-[ 編集] |  ▲ top

--
師匠へ
なんか、色々と出てきましたね。
殺人罪で起訴されている人達の裁判は来年の3月からしか始まらないんだけど、どういう結果になるんだろう?て今は興味深々なんだけど、そのうち皆に忘れ去られちゃうのかな・・?
人の心は熱しやすく冷めやすい。

ドラだよさんへ
>しかも、政治姿勢を根源から当内容にまで立ち入っているのですね。
そうなんですよ。このアンワルって人、記者会見でもっと色々と言ってるんですけど、新聞には載らない。新聞に載らないことは、私も訳しません。怖いです。

yamaojiさんへ
お久しぶりで~す!
書きコ、ありがとうございました、嬉しいです。
明日からブロードバンド使用できるといいですね。そしたら、また来てくださいね!

Dorothyさんへ
私の翻訳、わかりづらい?
「けもののみち」、聞いたことあるけどこれなぁに?
2007/01/13 01:17  | URL | 暇人ひー #-[ 編集] |  ▲ top

-こういった記事の翻訳・・-
いつもひーちゃんが独力でしてるんだね。
読ませていただくだけでも、難しい、ややこしい内容なのに・・・尊敬!
なにか、KL版けものみちかもね・・・
2007/01/12 20:22  | URL | Dorothy #-[ 編集] |  ▲ top

--
久々でチョッとテレがあります。
yamaojiの好きな展開になってきたように思います。
でも、少し前のタイだったらこんな記事を書いたらマジで危険でした。

まだ、こわいのでこの辺で!
2007/01/12 20:03  | URL | yamaoji #-[ 編集] |  ▲ top

-この事件!-
なかなか奥が深いですね。
ここまで、大物が発言している!
しかも、政治姿勢を根源から当内容にまで立ち入っているのですね。

マレーシアの政治も凄いですね。
そしてまた、シビアです。

ここまで行くと怖さも感じます。
でも、国民性ですね。

さて、フィリッピンでもテロがありました。
イスラム絡みです。
暇人ひーさん!気をつけて下さいね。いま、なにがおきてもおかしくありませんから。

KLも要注意です。
昨夜記者連中と話しましたが、本当に要注意ですよ。
お願いします。
2007/01/12 11:00  | URL | ドラだよ #-[ 編集] |  ▲ top

-謎が謎をよぶ?-
この殺人事件、単なる痴情のもつれじゃないんでしょうか?
知りすぎた女が、脅迫をかけた末に???
今後の成り行きに注目ですねー
またもや翻訳、ご苦労さまでした!

中国正月、有難うございました~
ちょうど日本から友達がくる日と一致します
ナコンサワンでは物凄いお祭りだったので、チェンマイはどんなか楽しみです。
Veres さんの死亡情報もありがとうございました(追記しました)
ノロウィルス、うちも犯されてます!
困ったよねぇ。。yamaojiさんの復帰、明るいニュースですね!
2007/01/12 10:19  | URL | pegasus8 #g7r.6ZAU[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/tb.php/233-455e331a
-【AFPBB】政治関連-
アルタントゥヤさん殺害事件、2006年以降の旅先で、新聞でよく見かけたニュースです。 この事件は物凄く奥深くて真っ暗闇で、物凄く尾を引いて波紋を広げてる印象・・・。 ひーさんがブログでこの記事を詳しく取り上げて解説されていました。 ひーさんのブログ KL情.. …
2008/05/11 14:01  我日日想馬来西亜 ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。