スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
ベジマイトの歴史
- 2007/02/22(Thu) -
   outback1        outback3

アウトバックは、その名の通りオーストラリア料理のレストラン。
だからお肉類のメニューが豊富です。
 
outback2  
ブキットビンタン通りのフェデラルホテルの隣にある、BBパークにあります。
お見せの前に  の看板が出ていますから、すぐわかります。
  

     ジャパニーズ・ステーキ        outback5
     串刺しステーキ               ラムチョップ  


バーカウンターもあって、パブ兼レストランといった感じです。

ベジマイトの大きなポスターがあったけど、メニューにはベジマイトはありません。
写真はありませんが、シーフード・コンボも新鮮で美味しかったです。



   The Outback Steakhouse
   GL-12 BB Park, No. 7, Jln 1/77, Off Bukit Bintang
   Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan
   Tel : 0321449919 Fax : 0321423730


ベジマイトについて調べてみました。
興味のある方は、続きをご覧下さい。




ベジマイト(Vegemite)



ノリの佃煮のようなしょっぱいペーストのベジマイトは、ビール酵母(イースト菌)から作られるビタミンBの豊富な健康食品です。
ジャムのようにトーストに塗って食べるのが一般的ですが、お料理にも使えます。
 
ベジマイトを使ったレシピをご覧になりたい方は、 vegemite をクリック。(英語)
 
                              
Fred Walker ベジマイトは、オーストラリアのFred Walker(フレッド・ウォーカー)社の研究員Cryl P. Callister(クリル・P・キャリスター)が発明し、1923年に発売開始されました。
                          Fred Walker社長 
 

「ベジマイト」という名は、公募され、フレッド・ウォーカー社長の娘Sheilah(シーラ)が何百もの応募作の中から選んだものです。

でもベジマイトが発売された時には、イギリス製のMarmite(マーマイト)が市場を独占しており、なかなか売利上げが伸びませんでした。

parwill1928年、フレッド・ウォーカー社長は、苦肉の策として 「If Marmite...then Parwill」 → If Ma might..., then Pa will. → 「ママがそうするなら、パパだってきっとそうするさ。」と、ベジマイトの名前を Parmite に変更しました。
でも たいした成果があがらず、また「ベジマイト」に戻りました。


1939年、ベジマイトはイギリス医師会からビタミンB摂取に最適の食品と認可され、オーストラリアの医師達もベジマイトを健康食品として患者に勧めるようになりました。

第二次世界大戦中には、オーストラリア軍への供給が優先されたため、民間人には配給制になったほどでした。

今では、毎年2,200万個のベジマイトが販売されているそうです。


1926年にはフレッド・ウォーカー社は合併して、Kraft Walker Foods (クラフト・ウォーカー食品)社となり、1950年からはKraft Foods Limited (クラフト食品)社がベジマイトの商標を所有しています。
オーストラリアで生まれて、オーストラリアで生産されるベジマイトは、アメリカの会社が所有しているのです。


ベジマイトについて調べたサイトはどれも、「オーストラリア・ニュージーランド以外の国で、ベジマイトはほとんど知られていない。」とありました。

Bovril  でもマレーシア人で知ってる人は結構いるんです。
  戦後、オーストラリア軍が駐留していたせいでしょうか?
  ベジマイトよりイギリス製の Bovril(ボブリル)のほうがポピュラーですが・・・。


1950年代に、‘We're happy little Vegemites ’というコマーシャルソングが流行り、ベジマイトの人気は不動のものになりました。
この歌は、オーストラリア人なら誰もが知っているポピュラーな歌だそうです。



Happy Little Vegemites songこのベジマイトの唄をお聞きになりたい方は  vegemite  をクリック。
歌詞そして楽しい訳詩もありますよ。

歌がダウンロードできない方には、楽譜をどうぞ!   
           (楽譜はクリックで拡大)

   We're happy little Vegemites
     We're happy little Vegemites as bright as bright can be.
     We all enjoy our Vegemite for breakfast, lunch, and tea.
     Our mother says we're growing stronger every single week.
     Because we love our Vegemite.
     We all adore our Vegemite.
     It puts a rose in every cheek!  



オーストラリアのグループ、メン・アット・ワークが1983年にヒットさせた‘ダウン・アンダー’という曲の中にもベジマイトが登場します。
YouTubeのビデオを見つけました。

早朝か深夜以外はキレるかも。
一度最後まで流して再生すると途切れることなく聴けます。
画像が出てない時はyoutubeのメンテ中なので、あとでまた見に来てね。


Down Under - Men At Work   (3分31秒)  

画面中央の  をゆっくり2回クリックするとスタートします。
 
歌詞 (ベジマイトが登場する部分だけ); 
  Buying bread from a man in Brussels 
  He was six foot four and full of muscles
  I said, "Do you speak-a my language?"
  He just smiled and gave me a vegemite sandwich
  And he said...
     身の丈190cmもある筋肉モリモリの大男から
     ブリュッセルでパンを買ったとき、
     「僕と同じ言葉、しゃべれる?」て聞いたら、
     男はニッコリ笑って、ベジマイト・サンドイッチを僕にくれた。 
     そして、こう言った・・・

音符 このビデオに出てくる説明、読んでたらなかなか面白~い!
   でも、長くなるので、もう止めます。



オーストラリアにお住まいの方へ
ベジマイトって、オーストラリアの食卓には欠かせない食品なのですか?

関連記事
この記事のURL | 由来&歴史 | CM(6) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
<<パサーマラム | メイン | バイカーのファッション>>
コメント
--
v-135 ChaChaさんへ
フロリダにも同じチェーン店があるとは、驚きです。
マレーシアではオーストラリア産よりアメリカ産の牛肉のほうが高いのです。
アメリカ産ビーフのほうが格が上なのかな?
私には、オーストラリア産のほうが狂牛病もなく安全に思えるんだけど・・

私もChaChaさんと同じく、ポップスで英語を勉強しました!

v-135 ドラだよさんへ
そういえば日本では見かけたことがありませんね。
青山や二子玉川の高島屋のスーパーにはあるかしら?
お料理にこだわりを持つドラだよさんには、ピッタリの食品ですね!

v-135 ペガサス師匠へ
私も結構好きなんですが、ダンナは大嫌いです。
イギリスでも売ってるとは、知らなんだ!

v-135 あひるさんへ
けっこう、いけるんですよ。
でも、好き嫌いがあるから・・・今度、こちらのお友達に聞いてみてください。お家にあったら、味見させて貰いましょう!

2007/02/24 01:05  | URL | 暇人ひー #-[ 編集] |  ▲ top

--
海苔の佃煮に様な しょっぱいベジマイトですか?
はじめて 知りました。

これを パンにぬって食べるとありますが
ミスマッチの様な気がしますが・・・
2007/02/23 20:44  | URL | あひる #.2cgsHzE[ 編集] |  ▲ top

-これ、大好き!-
英国に住んでたとき、いつもトーストに塗ってました
美味しいのよ!v-218
オーストラリアが発祥の地とは、しらなんだ!
2007/02/23 08:35  | URL | pegasus8 #g7r.6ZAU[ 編集] |  ▲ top

--
ただいまー。
今、チェンライ県からドイプイに帰ってきました。
昨日から タイ料理田舎番 だけだったのでこの写真はうれしいです。
串焼きステーキ、ラムチョップ、シーフードコンボ三皿まとめていただきます。
なんか生き返った気がするのはなぜですか?
嫌いじゃないタイ料理ですが所変わればなんとかで最低礼儀分だけ食べていました。

悲しいかな 楽譜 だけ見させていただきました。
今日も ご馳走様でした。
2007/02/22 18:51  | URL | yamaoji #-[ 編集] |  ▲ top

-ベジマイトに釘付け!-
outbacksの記事が、吹っ飛んでベジマイトに集中!
何度も読み直しました。
ペースト状になっているんですね?
一度料理に使ってみたい素材です。

ビール酵母が主原料なのですね。
日本では、ビール酵母の粉末は売っていますが、どのような味わいがあるのか、食べて見たいですね。
海苔の佃煮のように塩辛いと書いてありましたが、料理の隠し味にはピッタリです。

面白い食品です。
KLへいく楽しみが増えました。
2007/02/22 13:22  | URL | ドラだよ #-[ 編集] |  ▲ top

--
outbacksがマレーにあるんですね。アメリカにもあって、お気に入りのレストランです。ボリュームもたっぷりで、お肉もなかなか。

あら、なつかしー。Men at Work。80年代のバンドですよね。確か、私は高校生???昔、テレビにはりついて、こういう音楽ビデオを見ていたものです。こういうビデオで英語のお勉強したといっても、いいすぎではない。(爆笑)

べジマイト、やっぱり、アメリカでは見かけません。でも、面白いのは、クラフト社が商標を取得とは。食べてみたいわー。
2007/02/22 05:17  | URL | Cha Cha #o7yZsQF6[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/tb.php/214-04f3c221
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。