スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
三つ葉とサンバル・ブラチャン
- 2006/11/29(Wed) -
これはスーパーで買った三つ葉です。
これだけ3リンギット(約100円)です。 安いでしょ?

mitsuba

おひたしにしようと茹でたけど、噛み応えがあるというか、固い!
でも、久しぶりの三つ葉のおひたし、ようく噛んで味わいました。

先日、マレー料理のナシ・チャンプール (Nasi Campur → ミックス・ライス → ごちゃ混ぜご飯・・というか、マレー版丼飯) のお店に行った時、サンバル・ブラチャン (Sambal Belacan) と一緒に食べるお野菜が並べてありました。

パタイ(緑の生豆)とキャベツしか名前がわからなかったけど、並べてあったお野菜、全部取って食べたら、その中に三つ葉があったのです。

「マレーシアにも、三つ葉があるんだ~!」    ← 感激 !

早速、その昼食後マレーシアの大手スーパー・ジャイアントへ直行し、買ってきたものが、上の写真の三つ葉です。

他にも 「セリ」 と思しき野菜もあったのですが、それと同じ野菜はジャイアントには売ってませんでした。
セリもおひたしにしたら美味しいんだけど・・・


マレー人は、三つ葉をサンバル・ブラチャンにつけて食べます。 日本人が茶碗蒸しに入れて蒸して食べる三つ葉を 生で食べるんです。 三つ葉って茎が長いから、食べやすいように5本位束ねて縛ってありました。 サラダ感覚なのかな?

サンバル・ブラチャンがどんなものかご存知ない方、下の写真のライムの横で団子のように固まっているものがサンバル・ブラチャン・ソースです。
右側の唐辛子の下にある茶色い物体が料理する前のブラチャンです。

sambal belacan
   
sambal belacan
上のサンバル・ブラチャン、色が悪いから私が撮ったピンボケのブラチャンもアップします。 

belacan melaka 
そしてこれが、スーパーで売ってるブラチャン。
これは、マラッカ産ですが、色んな所で生産されています。



サンバル・ブラチャンの作り方は簡単;
1.ブラチャンをフォークに刺して、火であぶる。→ 良い香りがするまで。
2.生の唐辛子、ライム・ジュースと一緒にブレンドする。
3.終わり。

ブラチャンと唐辛子の量は、上の私が撮ったピンボケ写真のを参考にして、適当に作ってください。
辛いのがお好きなかたは赤っぽくなるまで、あるいはチリパディを入れて。
酸っぱいのがお好きな方はライム・ジュースを一杯入れて。




今日はブラチャンがどのようにして作られているのか、ちょっと調べてみました。


ブラチャン(Belacan)って、東南アジア全域にあるんですね。

その呼び名は国によって様々;
 マレーシア - Belacan ブラチャン
 インドネシア - terasi、trassi、 terasie テラシ
 タイ - kapi (กะปิ) カピ
 ベトナム - mam tom マムトム
 フィリピン - bagoong alamang バグーン・アラマング

マレーシアのブラチャンの製法;
1.Geragau(ゲラガウ)と呼ばれる小さな蝦を洗浄し、水を切る。
2.蝦に塩をまぶす。
3.塩をまぶした蝦は、数日後にはドロドロの状態になる。
4.蝦が小さいと、発酵して形がなくなるまでに要する日にちは少ない。
5.蝦の形がなくなれば、OK.
6.大きい蝦を使用した場合、長くかかり、スムーズなブラチャンができないので、細かく潰したりすることもある。
7.この発酵、潰しを何回か繰り返し、充分に発酵するまで数ヶ月かかる。
8.充分に発行したら、そのペースト → パテ → 固体 に乾燥させる。
9.商品にするために切り分ける。
10.包装してお店・問屋に発送する。


ブラチャンは冷蔵庫に入れる必要はありません。
匂いが結構強いので、匂いの漏れないタッパウェアなどで保存することをお勧めします。

belacan making1
      充分に発酵したペーストを天日乾燥しているところ  →
belacan making2
パテ状になったブラチャンの形を整えているところ →



ブラチャンを使ったお料理レシピは今度ね!
関連記事
この記事のURL | 食べ物・料理 | CM(9) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
<<Sikit Sikit Bahasa 5-月日 | メイン | タクシーの中のマナー>>
コメント
-しおさんへ-
はい、みゅうみゅうサンとしおサンご夫婦の来馬を楽しみにしています!マレーシア人のお友達、アレックス・・でしたっけ?も是非ご一緒に。
パタイを臭豆と書くとは知りませんでした。
2006/11/30 22:28  | URL | 暇人ひー #-[ 編集] |  ▲ top

--
みゅうみゅうの夫のしおさんです。始めまして。
ジャイアントは毎度おなじみのスーパーで、いつもKLに寄ったら買い物しています。スパイスなどはお買い得です。臭豆(プタイ)は一度食べたら病み付きで楽しみです。マレーシアの料理は段々なじんできて、前回は懐かしさを感じる領域までいけました。今度KL行ったら、一緒にごはんたべに行きましょう。
2006/11/30 22:19  | URL | しおさん #-[ 編集] |  ▲ top

-みゅうみゅうさんへ-
ミュウミュウさんもパタイがお好き?私も大好き!
生もいいけど、蝦とのサンバル炒めも美味しいよね。
パタイのお化けみたいな大きな豆があって(名前知らない)それもサンバル炒めされてるの、美味しいよ。モチモチした歯ごたえで、ちょっと栗っぽいの。今度、マレーシア来た時にトライしてみて!
2006/11/30 21:55  | URL | 暇人ひー #-[ 編集] |  ▲ top

--
そうですよね。
マレーシア行くといつも野菜の大きさにびっくりします。
私は臭豆(プタイ)が好きで、行くと必ず食べてます。。
そしたら、前回、帰りお土産でいっぱいもらいました。
家で食べたら、マレーシア行ったみたいでいい感じだったけど、臭いがもっと強烈に感じました。
他の料理との比較なんですかね。
2006/11/30 16:30  | URL | みゅうみゅう #-[ 編集] |  ▲ top

--
師匠へ
私、辛いの大丈夫。マレー人もびっくりするくらい平気でチリ食べちゃう。
チリ一杯食べると、カプサイシン効果で痩せるんじゃないかと思うと余計に好きになっちゃうんです。

benti83さんへ
ブラチャン、初耳?でもきっとペナンに来た時に食べたことあるはず。
チャイニーズの焼飯とか、野菜炒めにもブラチャンを使う所多いよ。
でも匂いで嫌う人もいるから、食べてみて買ったほうがいいと思いま~す。


ChaChaさん、お帰り~!休暇は楽しかった?
日本より温暖だろうけど四季があるんだから、お家の菜園で作ったら?あんなに立派な茄子やトマトを育てちゃうんだモン、できるよ!

yamaojiさんへ
やっぱ、隣の国ですね。チャーハンのブラチャン(カピ)風味、同じメニュー。
沖縄のチャンプルーも長崎のチャンポンも、福建語のチャンポーが語源なんでしょうね。
2006/11/30 00:51  | URL | 暇人ひー #-[ 編集] |  ▲ top

--
ナシ・チャンプルーのチャンプルーは沖縄のチャンプルーと同じ意味みたいですね。
ニガ瓜のたまご入り炒めが ゴーヤチャンプルー って言います。
だから、同じ?
そうですね、タイでは カピ と言います。
カチカチに乾燥させてから細かく砕きご飯と炒めれば、エビの香りのするチャーハンの出来上がりですよ。
ブラチャン料理が載るまで期待して待っています。
2006/11/29 22:57  | URL | yamaoji #-[ 編集] |  ▲ top

-茶碗蒸し食べたい!-
三つ葉だー。いいなぁ、三つ葉、このあたりじゃ、手に入らないなぁ。せりも手に入るの。いいなぁ。せりのおひたしなんて、美味しいよね。三つ葉は茶碗蒸しにいれても、お吸い物にいれても美味しいし。。。。

あw、美味しい茶碗蒸し、食べたいよ。(泣)

ブラチャンというのは、発酵した蝦なのですね。うーむ、日本の塩辛のようだね。でも、あれはパテにならないか。

2006/11/29 10:09  | URL | Cha Cha #-[ 編集] |  ▲ top

--
ブランチャ初耳です。次ペナンに行ったときにスーパーで探してみます。それにしても三つ葉とは。私はすいもんにいれて食べるのがふつうです。匂いこそないけどかめばドクドクノ香りがしますね。おいしそう。
it is getting cold in japan .
2006/11/29 10:07  | URL | benti83 #-[ 編集] |  ▲ top

-三つ葉とサンバルちゃん-
三つ葉は、うちの近所のスーパーにも売ってます~
やっぱりタイでも生でサラダ感覚で食べるケースが多いように思います。
サンバルちゃんは、タイでもレストランでよくでてくるホットなソースですね。あんがい好きかも。でもあんまりホットなのはダメだけど~
作り方とか、また今日もたいへん勉強になりました。
サンクスv-218
2006/11/29 09:54  | URL | pegasus8 #g7r.6ZAU[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/tb.php/157-6c7f4e42
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。