スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
KLの美味しいシュークリーム屋さん
- 2006/11/18(Sat) -
このシュークリーム、ちょっとクリーム量に不満がありますが、美味しそうでしょ?
cream puff!

(クリックしたら拡大します)
beard papa  beard papa box  cream puff

bp
   Beard Papaはミッドバレー・メガモール地下1階にある日本のシュークリームのお店です。
   カスタードクリームをシューの中に搾り出すこの機械、日本のシュークリーム屋さんでは珍しくもないけど、マレーシアで見れるのはここくらい。
   最初にこのお店がオープンした時は、大感激してシュークリームを買うためにメガモールへ通いました。

それまでマレーシアには美味しいシュークリームを売ってるケーキ屋・パン屋があまりなかったのです。
だから昔は自分で作ってました。 → レシピは【続きを読む】で。
このBeard Papaのシュークリームは、買うときにクリームを入れてくれるから、シュー皮がパリパリ、中はしっとりで美味しい!

でもお値段は、一箱5個入りで15ドル (あれっ、18ドルだったっけ? あやふや・・・スミマセン。)
マレーシアの物価にしたら、シュークリーム1個100円は高い。
もうちょっと、クリーム詰めてくれたらこんなに「高~い!」とは感じないんだろうけど・・・


シュークリームは、和製英語、じゃない、和製仏語です。
英語はCream Puff,フランス語はChou a la creme
ちなみに英語でシュークリームは、靴墨(Shoe Cream)。

日本人がシュークリームを作るようになったのは明治時代になってから。
明治3年(1870年)、洋式接待が必要になった宮内省が大膳所の村上光保(むらかみみつやす)を、横浜で洋菓子店を開いていたフランス人サミュエル・ベールのもとで修行させました。
ですから、日本にシュークリームが入って来たのは幕末頃のようです。

サミュエル・ベールからお菓子の作り方を習った村上光保は、明治7年に麹町山元町(現在の麹町)に洋菓子専門店・村上開新堂を開いています。 この開新堂と風月堂 が、シュークリームの販売(風月堂は明治17年)を始めたそうです。
村上開新堂
創業時の村上開新堂


 シュークリームのレシピ 

【シュー皮の材料】
• バター          1/4カップ
• 砂糖           小匙1/2
• 水            1/2カップ
• 小麦粉          1/2カップ(ふるいにかける)
• 卵            2~3個(溶いておく)
• 塩            ひとつまみ


【作り方】
1. オーブンを暖めておく。 
2. バター、砂糖、塩、水を入れた鍋を弱火にかけ、良く混ぜる。
3. バターの入った鍋に小麦粉を加え、素早くかき回す。
4. 火からおろす。溶いた卵を少しずつ鍋に入れて、柔らかくなるまで混ぜる。
5. 柔らかくなった生地をプラスティック袋に入れ、天板に8個、丸くなるように搾り出す。
6. 190℃で15分間焼く。シュー皮が膨らんだら、温度を160~170℃に下げ、さらに15分間焼く。
7. カスタードクリームを作る。シュー皮を水平に切り開き、中にクリームを入れる。 


【カスタードクリームの材料】
• 砂糖     1/2カップ
• 小麦粉    大匙5
• 塩      少々
• 牛乳     2カップ
• 卵の黄身   2個-少し溶いておく
• バニラ    小匙1

【方法】
1. ボールに砂糖、小麦粉、塩を混ぜ合わせる。
2. 熱したミルクを加え、よく混ぜる。溶いた卵の黄身を少しずつ加えよく混ぜ合わせる。
3. ボールを湯煎にかけ、絶えず混ぜながら、固くなめらかになるまで中火~弱火で調理する。これにかかる時間は約10分間。
4. バニラを加える。クリームの表面に「膜」が張らないように、時々混ぜながら冷ます。


 カスタードクリームを作るのが面倒なときは、缶入りの生クリームを使用。押せばジュワッと波型になってクリームが出てくるやつ。
だって、ホイップクリームをマレーシアで立てるのって大変なんですよ~!
混ぜても混ぜてもクリームが固くならない・・・なんでぇ・・?!と最初は悩みました。

昼間の気温がいつも30度以上のマレーシアでは、ホイップクリームは冷房をビンビンに効かせた部屋で、氷を張ったボールをベースにして作らなくてはいけないのです。

だから街の(ローカル向け)パン屋さんのショーケースに並んでるケーキは、ほとんどがバタークリーム。さすがに日本のスーパーやパン屋さんのケーキは生クリームですが。
関連記事
この記事のURL | 食べ物・料理 | CM(5) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
<<Sunwayはもうクリスマス | メイン | イスラム教徒の罪 Murtad>>
コメント
--
ChaChaさんへ
作り始めはシューのほうが難しいと思ったけど、カスタードのほうが奥は深い。
私もプリンみたいに固くなったり、膜がはるなんてしょっちゅうでした。最近は全然作ってないから、絶対失敗すると思う。
売ってないのなら、頑張って作ろう!娘さんと一緒に作ったら?
でも、日本の洋菓子って美味しいよね!

yamaojiさんへ
東南アジアって乳製品が遅れてる。
マレーシアも10年前はフレッシュミルクじゃなくて、長期間保存できるミルクのほうが多かったし、生クリームも外人用スーパーでしか売ってなかった。
私、バタークリームのケーキはちょっといただけません・・・
水羊羹なら、小豆と寒天でつくれるでしょ?yamaojiさん、奥さんのために作ってあげたら?

あひるさん
このお店が出来た時、私は日本のシュークリームの味を忘れていたから、大変美味しく感じました。日本のシュークリームは最近は生クリームも入ってるのが多いと思いませんか?

師匠
作り慣れちゃうと、簡単ですよ。シューがプワ~と膨らんでくるのを見るのが楽しかった。私、凝り性ですから、一時はシューばかり焼いてました。
マレーシアに住み始めて、美味しいケーキがないからと自分で焼いて、その後にシュークリームが恋しくなってと・・・おかげで太りましたよ。
最近は、ベイキングよりJtrimで痩せるほうが楽しい!
2006/11/19 03:47  | URL | 暇人ひー #-[ 編集] |  ▲ top

-作れるの!?-
シュークリーム大好きなんですけど、ナコンサワンには売ってなかったです、チェンマイではどうかな?まだ本格的に探してないですが。自分で作れちゃうって凄いですね!

昨日の夜からずっとサーバーと繋がらずやっと今、繋がったところです(現地時間21:40)
YouTubeだけは一週間も前に予約投稿してあったのですが。。こういうPC環境だとブログは'無理かなぁ?なんて思う今日この頃です、チェンマイ、こんな落とし穴があったとは。。
2006/11/18 23:06  | URL | pegasus8 #g7r.6ZAU[ 編集] |  ▲ top

-時々-
メガモールに行った時 時々買っていました。
看板に日本語が入っていたのでうれしくて
買っていたのですが 私が日本で食べていたのと 
味が違う様な・・でも店によってクリームの味 
違いますからね。。。
2006/11/18 21:18  | URL | あひる #.2cgsHzE[ 編集] |  ▲ top

--
うまそー!
チェンマイでも タイYAMAZAKI で売っていますが食べるのはもっぱら孫たちです。
タイもそうですが生クリームのケーキも菓子パンも皆無です。
ちなみにyamaojiの奥さんは羊羹が練りでも粒でも好きで日本から両親が遊びに来ると一緒に日本茶を飲みながら仲良く食べてますよ。
お料理&スゥイーツ写真これからもお願いします。
yamaojiかた焼きせんべいとみたらし団子が好きです。



2006/11/18 20:07  | URL | yamaoji #-[ 編集] |  ▲ top

--
うわー、すごい、お家でシュークリームなんて、つくれるのね。この間、カスタードうちでつくったら、しっかり、失敗した私。あれは、いただけなかった。マズっ!!

こんどは、暇人さんので試してみようっと。

風月堂のなつかしいー、ウチの実家、逗子だったから葉山の茶屋の支店があって、ここのシュークリームも美味しかった。

ああいうデリケートなお菓子はアメリカにはないのだ。(泣)やはり、自分でつくるしかないのか???
2006/11/18 12:01  | URL | Cha Cha #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/tb.php/135-e8dfa019
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。