スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
イスラム教徒の罪 Murtad
- 2006/11/17(Fri) -
http://thestar.com.my/news/story.asp?file=/2006/11/7/nation/15940662&sec=nation  この人は、Datuk Azhar Mansor (ダトー・アズハー・マンソー)。
1999年に、 ヨットで単独世界一周を果たしたマレーシアの国民的英雄です。 
彼のヨットの名はJalur Gemilang (ジャルー・グミラン・栄光の縞模様)、マレーシア国旗と同じ名前。

1999年の8月12日深夜、190日間の世界一周からアズハー氏(称号は世界一周後に獲得)が帰還したランカウイのヨットハーバーには、3000人もの人が待ち受けていました。 当時の首相マハティール博士もその中の一人でした。

その頃から、私がブログ・アドレスに使用している、”Malaysia Boleh!”という掛け声をよく聞くようになりました。
この「マレーシア・ボレ!」の意味は、「マレーシア人だって(やれば)出来るんだ!」ってこと。

私はてっきり、マハティール首相 (か出迎えた人達)がこの快挙を喜んで叫んだのが、流行ったのかと思っていました。
そうではなかったのです。

これは、ミロの製造元ネスレ (Nestle) が、1992年のSEA GAME(東南アジア・スポーツ大会)の際、コマーシャル・キャッチフレーズとして考案したものだそうです。


このダトー・アズハー、とんでもない嫌疑をかけられてしまったのです。

 「ダトー・アズハーはクリスチャンに改宗している。」 
 「11月5日に、ダトー・アズハーがイポーの教会でマレー人の子供20人を洗礼する。」
こんなSMSが出回り、噂が全国を駆け巡り、とうとう新聞に載るほどの大きな騒ぎとなってしまいました。

その噂を真に受け怒ったイスラム教徒であるマレー人達が、イポーの教会前に結集してデモを行ったりしました。
ナジブ副首相までが、これでは人種紛争になりかねないと懸念するようになり、当局に徹底的な調査を命じました。

イスラム教では、他の宗教に改宗することをMurtad(ムルタッ)と言い、重罪です。 シャリア法ではムルタッの罪を犯した者は、死刑に処せられます。

でも実際は、裁判にかけられ死刑を宣告される前に、宗教の専門家Mufti(マフティ)が改宗した人と話し合い、イスラム教に戻るように説得するそうです。
それでも決心が変わらず、イスラムに戻らなかった人がマレーシアにも居たそうです。 キリスト教徒である外人と結婚したマレー人女性だそうですが、彼女はマレーシア国籍を捨てて、マレーシアを去っていったそうです。

あらぬ疑いをかけられたダトー・アズハーも、マフティと会って話合うことになりました。
このマフティとの会談で、ダトー・アズハーが敬けんなイスラム教徒であり、キリスト教に改宗などしていないことをマフティが確信し、当局に報告して一件落着となりました。

政府としては一件落着でしょうが、こんな死刑にも結びつく噂を立てられた本人はたまりませんね。
ダトー・アズハーはこう語っています。

「こんな国の安全・平和・調和を脅かすような事件に自分の名前が引きずり込まれ、悲しい思いをしている。 1999年の航海以来、私の信仰についてインターネット上で議論されていることは知っていた。 だがSMSが、私に直接送られてくることはなかった。 このSMSが原因で、当局が立ち入って調査する大騒ぎまでになってしまった。 調査の結果を知りたい報道陣は、当局に問い合わせてほしい。 私には何も言うことはない。」

ダトー・アズハーはオーストラリア人女性と結婚し、オーストラリアに住んでいます。 当然、オーストラリア人との交友関係はマレー人のそれより広いでしょう。 そんな彼の華麗なライフスタイルを羨んだり妬んだりする人もいるようです。
今回の噂は、そんな嫉妬心から発生したもののようです。


色つき文字の解説は、続きにあります。

 ミロ 
Milo マレーシアの人達は「マイロ」と呼ぶ

 SEA GAME
South East Asian Games の略。タイを含めた東南アジア11カ国が集って総合的にスポーツ競技を行う東南アジア版オリンピック。

 SMS(Short Message Service:ショートメッセージサービス)
携帯電話間で短いテキスト(通常100から200文字)をやり取りするサービスのこと。E-mailとはまったく別のシステム。送られたメッセージは一度サービスセンターに保存され、相手の携帯電話が受信可能状態になると送られる。

 Mufti
マフティとはシャリア法を研究・解釈し、政府に法的なアドバイスをする人。 各州に一人のマフティが居る。

関連記事
この記事のURL | 宗教 | CM(5) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
<<KLの美味しいシュークリーム屋さん | メイン | Sikit Sikit Bahasa 3-数>>
コメント
--
ペガサス師匠
アルジャジーラはアラブ語だから、ほとんど見たことなかったし、アジアの拠点がマレーシアだとは知りませんでした。もう始まってるの?
最近、相撲中継の時にテレビをつけることが多くて、NHKもあまり見ていない。お相撲と野球、苦手。
ベロニカちゃんてどの人だろう。顔と名前が一致しない。アルジャジーラで見るっきゃないか。

ドラだよさん
>コーランに頭をぶつけて、気絶しそうです。
そんなこと言ったら怒られちゃうんじゃない・・・?

yamaoajiさん
日本人は無寄港単独世界一周をしたんでしょう?このダトー・アズハーはマストが折れたので、フォークランドに寄港したみたいです。でもマレーシア人では初めての快挙だったので、国を挙げて大喜びでした。
クアラルンプールでも屋台で食事をしていると、乞食や募金の押売りと一緒に、タイの僧侶の格好をした人がお布施を貰いにきます。
でも僧侶の托鉢って、するのは午前中だけでしょう?夜に来るなっつうの!
2006/11/19 04:04  | URL | 暇人ひー #-[ 編集] |  ▲ top

--
ヨットでの世界一周って各国でやっていますね。
日本だったら港に寄らない無寄港を成し遂げた堀江さん?チョッと自信ない。

タイ語でも Milo はマイロと言いますよ。
シーゲームは何年か前にチェンマイで行われました。

仏教国である タイ では改宗しても罪にはならないと思います。

今問題になっていることは 偽坊主の布施問題です。
タイ人は自分が一食抜いても托鉢に来る僧侶にはお金なり食べ物なり差出ますので、これを逆手にとっての悪行をするやからが出ています。

今回 ジャルー と言う言葉が出てなんかうれしくなったyamaojiです。
JB 元気に毎日暴れています。
よく食べるのでお腹がすごいことになっていますよ。
2006/11/17 20:14  | URL | yamaoji #-[ 編集] |  ▲ top

-宗教は怖い!-
やはり、現在でもそうしたイスラムの教義は生きているのですね。
教義に順ずるということの、価値観が柔軟ではないのですね。もっとも、それが宗教なのかもしれません。柔軟になってしまっている仏教などは、イスラムから見れば邪教なのかもしれません。
でも、そうしたしなやかさが日本経を支えてきたのかも知れない・・・などと思ってしまいました。
コーランに頭をぶつけて、気絶しそうです。
アッラーに栄えあれ!そしてお許しを。
2006/11/17 19:12  | URL | ドラだよ #-[ 編集] |  ▲ top

-災難でしたねぇ-
ダトー・アズハーさん、災難でしたねぇ。。
マレーシアではイスラムから改宗は許されないんですね。日本は信教の自由があって良いことです。

そういえば、あのアルジジャーラが、英語放送を始めましたね、BBCやCNNの人気キャスターをごっそり引き抜いて。
NHKでこのニュースをやってましたが、見ましたか? アジアではマレーシアが拠点ですって。
ということは、ひーちゃんも見れる!?
私はサウジ時代、時々アルジジャーラを見てました、アラビア語だけでしたが。。
マレーシアでは、この拠点問題、歓迎ムードだそうですね。もし放送を見たら、感想をアップして下さいね、ベロニカちゃん(キャスター)も引き抜かれたというし、興味あります。
2006/11/17 13:16  | URL | ペガサス #g7r.6ZAU[ 編集] |  ▲ top

-久しぶりでございます-
歯の治療は、里帰り中に何とか特急作業で済ませました!
メールを入れますので、お読みくださいませー。
2006/11/17 13:09  | URL | 同じく在住者 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/tb.php/134-0ef863b1
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。