スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
イスタナ・ネガラ
- 2006/11/15(Wed) -
この写真、何だかわかりますか?

istana


こちらの写真のほうがわかりやすいかな?
istana gate

そうです、これはマレーシアの国王 (Yang Di-Pertuang Agong) とそのお后 (Raja Permaisuri Agong) がお住まいになられる宮殿(Istana Negara)です。

でも、この宮殿は狭すぎるので、ドゥタ通り(Jalan Duta)に96.52ヘクタールの広さを持つ敷地 (⇒ 現在のイスタナ敷地は28ヘクタール)に新宮殿が建設されるそうです。
昨日その着工式が行われました。

groundbreaking ceremony  新宮殿の建設費用は400万リンギット。
 来年6月から建設が始まり、完成は2009年の予定。
 宮殿施設の敷地は28ヘクタール。残りは庭園になる予定。
 宮殿の床面積は7万5千平方メートル


新宮殿にアゴンが移ってしまったら、現在の宮殿はどうなるのかな・・?と思ったら、これから首相府が検討するそうですが、王室博物館にという提案があるそうです。

現在の宮殿は、アゴンのために建設されたものではなく、中華系マレーシア人の大富豪チャン・ウィン氏が、香港から連れて来た26人の妻や子供たちと暮らすために1928年に建てた家なのだそうです。

chan_wing  bio book
 この写真の人物がChan Wing(チャン・ウィン)
  1873年生まれ-1947 年没。
 貧しい移民から一代で百万長者になったChan Wingの生涯を、彼の8番目の娘Chan King Nuiが書いています。
  写真はその本の表紙。



第二次世界大戦中、この豪邸は日本軍の参謀本部として使われていました。
その戦争中、チャン一族はインドに避難、戦争が終わってからマレーシアに戻ってきました。

日本の敗戦後、この豪邸は英国空軍(RAF)所有となりましたが、1954年にスランゴール州政府が買取り、1957年までスランゴールのスルタンが宮殿として使用していました。

マレーシア独立後、連邦政府がこの宮殿を買取り、アゴンの宮殿として使われるようになったのです。

イスタナの中、覗いてみたい?
ちょっとだけね!

Balairong Seri 
   Balairong Seri
  (The Throne Hall  戴冠ホール)
  アゴンの即位式とかトゥン、タンスリ、ダトーなどの授与式を行うホール


Singgahsana 
   Singgahsana
   (The Throne 王座)


Dewan Banquet 
   Dewan Banquet 
   (Banquet Hall 宴会場)


Bilik Mesyuarat Majlis Raja-Raja 
   Bilik Mesyuarat Majlis Raja-Raja
   (Conference Of Rulers Room 統治者会議室)
統治者会議は9州のスルタンが集まって、次のアゴンの選定をしたりする会議です。


Dewan Menghadap Kecil 
   Dewan Menghadap Kecil
   (The Small Audience Hall  小謁見室)
  この部屋はアゴンやスルタンの宴会・式典の際の休憩室として使用されます。


Bilik Duta 
   Bilik Duta
   (Ambassador's Room 大使の部屋)
この部屋でマレーシアの首相、外国の大使などがアゴンに謁見します


関連記事
この記事のURL | 称号・尊称・王族 | CM(5) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
<<マハティール博士、退院! | メイン | Sikit Sikit Bahasa 2-時間>>
コメント
--
bennti83さんへ
私も~!お馬さんの横に行ってv-221で写真撮ってきたよ~!
もし博物館になったら、是非行って中を見てみたい。

ChaChaさんへ
私も王室の豪華さより、チャンウィングさんの26人にびっくらしましたよ~!マレーの王様だって4人だよ。

ペガサスさんへ
おっ、さすが師匠、いいことおっしゃる。「歴史の商人証人、イスタナ・ネガラ!」

yamaojiさんへ
バンコクに行った時、中国人墓地に行きました。お金持ちの墓はすごかった。その時はじめてタイにも華人が一杯いることを知りました。
2006/11/15 20:51  | URL | 暇人ひー #-[ 編集] |  ▲ top

--
5~9枚目の写真って王宮内?
こんなところ撮れるんですか?
国の顔、と言われる王宮ですので規模も装飾ももの凄いのが建つんでしょね。
どこ行っても中国系の方はトップになりますねー。
タイも富豪と言われている方たちはすべて 中国系タイ人 です。
2006/11/15 19:45  | URL | yamaoji #-[ 編集] |  ▲ top

-豪華!-
これで狭いとはねー、、
もっとも色々な公式行事にも使われるのでしょうし、老朽化の問題もあるのかも知れないですね
日本軍の手に渡ったり、英国空軍の手に渡ったり、
いわゆる歴史の証人ですね(v-156我ながら、いいこと言うなぁ)
2006/11/15 12:40  | URL | ペガサス #g7r.6ZAU[ 編集] |  ▲ top

--
すごい、王様の椅子が。。。この宮殿、写真では大きく見えますが、やっぱり、彼らには狭くなっているんですね。このあたりが、王様??

それにしても、Chan Wingの26人の妻というのも、さらにスゴイが。。。



2006/11/15 09:59  | URL | Cha Cha #-[ 編集] |  ▲ top

--
イスタナ宮殿が博物館になったら是非なかにいってみます。数年前KLに行ったときはまえでお馬ちゃんのよこで写真取りました。定番ですかね?でも、あれで狭いのか。。。
2006/11/15 09:47  | URL | bennti83 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/tb.php/129-177c49a5
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。