スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
Besar Macam Istana !
- 2006/11/11(Sat) -
Rumah Datuk Zakaria sangat besar!
 → ルマー ダトゥ ザカリア サンガッ ブサ~!
 → ダトー・ザカリアの家はとても大きい。

rumah  ⇒ 家
sangat ⇒ とても
besar ⇒ 大きい


Rumah dia besar macam istana!
 → ルマー ディア ブサ~ マッチャム イスタナ!
 → 彼の家はお城のように大きい!

 dia ⇒ 彼
macam ⇒ ~のような
istana ⇒ 宮殿

ダトゥ・ザカリアって誰? お城みたいってどんな家?

              
          これがお城みたいな家
besarmacam istana!


そして、お城のような家とダトゥ・ザカリア
corrupted manman

エッ、写真が小さくて顔が良く見えない?それじゃ、これでどうでしょう?
zakaria



このおじさんの名前は、Zakaria Mat Deros (Datukは称号)、またの名をZainal Mohd Deros。
スランゴール州南部のクラン地区の国会議員、そしてポートクラン地区自治体の会長、でした。

1990年に国会議員に当選するずっと以前は、門番(コンドミニアムなどの入口でゲートを開け閉めする守衛さん)だったそうです。
すごい出世物語。どうやって国会議員まで上り詰めたのだろう・・?
国会議員になると、懐にお金がガッポガッポ入ってくるのでしょう。
ブランド物(グッチがお好き)に身を包み、お城のような豪邸をぶっ建てたのです。

しかも建てた所は、高級住宅街ではなく比較的低所得者の多い地域。
一枚目の写真を見て下さい。
回りの家と比べると、その大きさがわかるでしょう?

最近になって、その豪邸の立つ土地は彼の所有地ではなく、州政府のもの(つまりスルタンの土地)だということが明らかになりました。
しかも州政府の許可なしに建築していたのです。

それが発端となり、彼の過去が一気に明るみに出てきました。
国会議員になった頃に破産宣告を受けていたり、豪邸の税金を12年間も払っていなかったり、自分の息子や息子の嫁まで自治体委員にさせちゃったり・・・
やりたい放題でした。

それでアブドゥラ・バダウィ首相に呼び出されて叱責を受けました。
怒ったスランゴール州のスルタンも、このザカリアさんを2回も召集したのですが、病気を理由に謁見回避しちゃったんですねぇ。

でもザカリアさん、2回目の召集日に病院に入院してるはずなのに、田舎の別荘で家族と休日を過ごしてるところを、カメラマンにフライディされちゃったんです。

どうしようもなくなったザカリアさん、州知事の説得もあって先月末にとうとうスルタンに謁見しました。
お怒りのスルタンは彼にクラン地区自治体会長の座を降りるように通告しました。


その後に記者会見を開いたザカリアさん、こんな事言ってました。

お城のような豪邸を建てた理由  「私と妻は、11人の子供たち、その連れ合いの7人、そして11人の孫と一緒に住める快適な住居を望んだだけだ。」

自分の家が、回りの家と比べものにならない豪華さの言い訳  「この土地の人々には本当に親しみを感じているので、他の場所に家を建てることもできたが、ここに残って、この土地のためにこれからも尽くしていこうと決めた。」

税金を12年間も払っていなかった理由  「建築家に全てを任せていたので、建築許可がなかったことも税金のことも自分は知らなかった。」

クラン地区住民の反応を聞かれて  「私はいつだって土地のために全力を尽くしてきた。住民はそれを知ってる。 だから、皆に『国会議員の先生 (Yang Berhormat)』 とか 『ダトゥ (Datuk)』じゃなく、親しみを込めて『アバンZ (abang Z')』と呼ばれている。」

まったく面の皮の厚いおっちゃんだこと!


今日は、Rumah besar macam istana  (宮殿のように大きな家=豪邸) というマレー語を覚えました。

関連記事
この記事のURL | マレー語学習 | CM(5) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
<<客家族の歴史と世界的に有名な客家人 | メイン | マハティール博士、心臓発作で入院>>
コメント
--
あひるさんへ
このおっちゃんの守衛→国会議員までの過程が見つからなかった。どうやってセキュリティのオッチャンが議員になれたんだろうか?

ペガサスさんへ
ハイ、私も不思議です。
門番から真っ直ぐに議員になれるはずがない。その間に何かしていたのでしょうが、この人の経歴が見つけられなかったので、飛ばして書いてしまいました。
マハティールさんだったら即刻「辞めなさい」と言われたでしょうが、アブドゥラさんは優しいから、「きつく叱った」程度だったみたいですよ。来週UMNO(アムノー・与党)総会があるから、その時に話題になって辞めさせられるんじゃないかな・・・?

yamaojiさんへ
子供11人、息子夫婦7組でも、まだまだ余裕ありますよ。弁明記者会見の時、「家の中に住民のためのスラウ(モスクの縮小版)やコミュニティ・ホールをつくるつもりだった。」って言ってましたもん。そんなつもり、本当にあったのぅ?と疑心暗鬼の私。
モンちゃん、親に似て器量良しだからすぐ嫁入り先が見つかっちゃうのね。すみません、親バカで・・・v-290

ChaChaさんへ
貧乏人の子沢山ってよく言うけど、お金持ちでこんなに子供の数が多い人ってあんまり聞いた事ない。このおっちゃん、今までしてきたことのバチがあたって、また貧乏人に逆戻り、なんてね。
2006/11/11 23:40  | URL | 暇人ひー #-[ 編集] |  ▲ top

--
スゴイやることもでかいけど、言い訳がこれまたでかい????

それに11人の子供って、まじで政治家でもなければ、門番の給料ではまかなえないでしょうな。
2006/11/11 22:51  | URL | Cha Cha #-[ 編集] |  ▲ top

--
すごいですね!
これぜんーぶ、ザカリアさんて方の持ち家?
確かに家族構成からみてこれぐらいなきゃ寝れないとは思いますが、
それにしても すごい。
yamaojiの暮らすタイのタクシン前首相ももとはチェンマイシルクの販売をしてた両親をみて成長し、自分でも店を開業して最高200ランバーツ(約日本円で6億円)の借金を抱えたそうです。
今では世界長者番付 14位 にランクされているほどです。
議員さんはどの国でも儲かる商売のようですね。

yamaojiはこつこつ モンちゃん を作っているのがにあっていると思っています。
今日も2体 暇人ひーさん の娘が日本へと旅立ちましたョ。
2006/11/11 21:29  | URL | yamaoji #-[ 編集] |  ▲ top

-どうして国会議員になれたのか?-
そこに疑問を感じます~
門番からいきなり国会議員というのは飛躍がありすぎる。
きっとその間に何かがあったに違いない、

それにしてもねぇ。。。
で、罷免にはならないのでしょうか、
日本なら、即首が飛びますよね、
2006/11/11 17:51  | URL | pegasus8 #g7r.6ZAU[ 編集] |  ▲ top

-お城-
<国会議員に当選する以前は、門番って この転身がすごいですね。
言い訳も どこかに国の方と似てるところがある
政治家は 「自分は知らなかった」が決まり文句ですかねぇ~


2006/11/11 14:51  | URL | あひる #.2cgsHzE[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://malaysiaboleh.blog70.fc2.com/tb.php/124-dffa25e6
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。