スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
ツムギアリ:パンダンの葉っぱに住み着く巨大蟻
- 2010/05/03(Mon) -
バルコニーに鉢植えしているパンダンの葉っぱに何やらモゾモゾと動くものが・・・。

緑色だったので、近眼の私は蛾の幼虫か何かかなと思いました。
虫にパンダンの葉っぱを食べ尽くされたら嫌だから、つまんで捨てようと思い、目を近づけて見ると・・・、

緑色の大きな蟻でした!


IMG_3720_20100502185212.jpg

卵を産んでるみたいです。



4月16日5

こんな感じで葉っぱにへばりついていました。





どの位大きいかと言うと、

2504_3749_20100502155018.jpg

2cm以上はあります。


パンダンの葉っぱを齧ってる様子もないし、卵を産んでるし、摘んで捨てるのは可哀相。
それに、定規を近づけると威嚇します。
産んだ卵を一生懸命守ろうとしているのです。

しばらく観察することにしました。




4月17日(土)
4月17日

蜘蛛の巣のように糸を張ってます。
自分の口から出すのかな?
これって何て言う蟻なんだろう・・・?  → ツムギアリ

卵が随分と大きくなっています。

2404_3734_eggs.jpg 





5月2日(日)
IMG_3754.jpg 0205_3751.jpg

蓑虫みたいになっちゃいました。
でも、中でお母さん蟻は動いてます。

何を食べて生きているんだろう・・?





ツムギアリ    ⇒ ツムギアリについてのサイト

英語名:Weaver Ants, Kerengga , Green Ant, Red Ant
学術名:Oecophylla smaragdina
科:Formicidae

 棲息地は熱帯地方(中国南部,フィリピン,インドシナ半島,マレーシア,インドなど)
 小さな虫を食べるが、植物の蜜が大好物
 毒針はないが、噛まれると腹部からの分泌液が化学反応を起こして痛い思いをする
        ⇒ 触らなくてよかったぁ・・。 
 カムフラージュのため、緑の葉っぱを使って巣作りをする 
 成虫が幼虫の周りの葉っぱを引っ張り、幼虫が絹糸を吐き出し蜘蛛の巣状になる
        ⇒ お母さん蟻だと思っていたのは働き蟻で、卵だと思っていたのは幼虫だったのね! 
 女王アリが産んだ卵があちこちに作られる巣に働きアリによって運ばれる 
        ⇒ 女王アリは一つの巣に定住しているんだそうです。
          家のパンダンに居ついちゃったツムギアリ幼虫のお母さん=女王アリはどこにいるんだろう・・・?
 シーハイビスカス(Sea Hibiscus)やノニの木(Great Morinda)は、葉っぱから蜜を出しツムギアリを惹きつけて巣を作らせ、葉っぱを食べつくす害虫からの用心棒にしている 
 ツムギアリは巣を守るため、自分よりも大きな虫も噛んで撃退する 
 スンガイ・ブロー湿地保護区(Sungei Buloh Nature Park)にあるこの二つの木には、ツムギアリの巣が一杯あるそうです
 タイやフィリピンでは、食用としてツムギアリの蛹がマーケットで売られているそうです  
 ボルネオのダヤック族(Dayaks)は、ご飯の味付けにツムギアリの成虫を混ぜて食べるそうです
 そのお味は、レモンのように酸っぱくクリーミーなんだそうです

スポンサーサイト
この記事のURL | 動物 | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
変な日本語
- 2010/05/25(Tue) -
ニンニクとオニオン風味のソラマメスナック

IMG_3705.jpg IMG_3707.jpg



最近のお気に入り
でも油で揚げてあるのでカロリーが高いかも・・と気になって裏を見てたら、日本語がありました。




IMG_3703_20100525031815.jpg


”そら豆はタマネギ及び

ニンニクと塗った(皮なしで)”
この記事のURL | 言葉 | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
コモン・レッド・ステム・フィグ
- 2010/05/31(Mon) -
DSC03246_20100531000033.jpg家の近くの道端にそそり立つ大木。

その木の幹に小さな実が一杯張り付いています。

つい最近まで緑色だったのに、今日はきれいなピンク色や赤色。

完熟してる・・? 


DSC03247_20100531000032.jpg一個もぎ取って、中身を観察 ⇒ ⇒ ⇒

イチジク・・?



IMG_3744_20100531000031.jpg植物図鑑を調べてみたら、
 コモン・レッド・ステム・フィグ
  (Common Red-Stem Fig)
という名前。

フィグと言うことは、やっぱりイチジクの仲間。

そういえば、中近東産の乾燥イチジクはこれと同じ位のサイズです。
中身もこんな感じ。
これと同じものなのでしょうか・・?

先週、NHKの「ダーウィンが来た!」ボルネオの森に住むヒヨケザル特集の時、そこに住むお猿さんがこのイチジクを食べてるのを見ました!
お猿さんが食べられるのなら、人間も食べられる・・・?


食べられるかどうか知りたくて、ちょっと調べてみました。

IMG_3743_20100531000031.jpg
コモン・レッド・ステム・フィグ
 (Common Red-Stem Fig)


学術名:Ficus variegata
和名:クビナガイチジク、コニシイヌビワ、ギランイヌビワ
中国名:青果榕
科:クワ科 Moraceae
原産地: インド、中国南部、インドシナ半島、マレーシア

落葉高木。
樹皮は、淡い桃褐色。
葉は、先がとがった心臓のような形。
実は樹幹に群生。
樹皮繊維は、布や製紙に使用。
(昔、ボルネオの森の原住民達は、この樹皮から陰部を隠すフェルトのような布を作ったそうです。)

樹皮およびフルーツは、赤痢の薬として使用できる。
昔は、幹から採れるラテックスがバティック制作に使用されていた。

フルーツは、鳥やマカク猿の好物。
人間が食べるのは、飢饉の時くらい。

イギリスの植物学者、アイザック・ヘンリー・バーキル氏(Isaac Henry Burkill、1870年~1965年)によると、
このコモン・レッド・ステム・フィグは、
「(西欧人には)食べられるような代物ではない!」 のだそうです。


そうなんだぁ~。
食べられるけど、不味いのね。
今度、お腹こわした時に食べてみよう・・・。



 

【2010年6月1日追記】
yamaojiさんの住むタイのドイプイ村では、このイチジクは豚のえさだそうです。

この記事のURL | 植物 | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。