スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
『フカヒレ・イリ・イリ卵』のレシピ
- 2008/04/04(Fri) -
hakka

 これは、客家レストランのお料理です。

正式な名前は "Moon Tei Kam Ngan" → 漢字は? → 桂花翅

意味はCarpetful of Gold and Silver 
絨毯の上に山と積まれた金と銀・・・かな? 多分、卵が金でフカヒレが銀なんだろうなぁ・・・)

私は、 『フカヒレ入り炒り卵』 と呼んでいます。

新聞にレシピが載っていたので、いつか作ってみようと思い、レシピ部分を切り抜きましたが、作る前に切り抜きを失くしてしまう可能性がある・・・ので、ブログに書き留めておくことにしました。


【材料】
100g      水に浸してもどしておいたフカヒレ
100g      蟹肉(缶詰でOK!)
4個        卵
2.5大匙     油
1.5大匙    料理用中華ワイン(入れなくてもOK!)
0.5カップ    ヒゲを切リ揃えたモヤシ 

調味料 A
0.5小匙     塩
0.3小匙     コショウ
0.5小匙     ごま油

材料 B
300ml      水
2本        ワケギ
1小匙       顆粒チキン・ストック
3枚         生姜の厚切り


【作り方】
 1. 卵を割り、軽くほぐし、調味料Aを加える
 2. 材料Bを鍋に入れ、2分間沸騰させる
 3. フカヒレを鍋に加え、さらに2~3分間煮る
 4. ワケギと生姜を取り出し、フカヒレの水を切る
 5. 蟹肉を卵に混ぜ入れる
 6. 中華なべを熱し、ごま油を入れる
 7. 蟹肉入り卵を炒め、固まり始めたらフカヒレと中華ワインを加えて、よくかき混ぜる
 8. お皿にモヤシと一緒に盛る


 もどしたフカヒレは、マレーシアではスーパーマーケットで売っていますが、日本での入手は困難かも・・・?
スポンサーサイト
この記事のURL | レシピ | CM(10) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
ショッピングセンターで見つけた可愛いもの
- 2008/04/26(Sat) -
久しぶりにショッピングセンターに行ったら、こ~んな可愛いものに遭遇しました!

DSC00334s.jpg

モモンガちゃん
行商のペット屋さんの商品で、お値段は250リンギ(8300円)

他にもハムスターやヘビが並べて売られていました(ハムスターは恐さで引きつって動けません・・・)が、このモモンガちゃんだけは特別のようで、売り子のお姉さんの体中を這い回って遊んでました。
とっても頭がよくて、名前を呼べば来るそうです。
匂いで飼主を見分けるそうで、見知らぬ私が手を出したら、匂いを嗅いで噛まれました(小さいから痛くはありませんが)。

衝動的に買いたくなりましたが、昔調べたモモンガの習性を思い出し、我慢して帰ってきました。
   →モモンガ



DSC00343s.jpg

盆栽の木の幹が動物の形!!
左から、鳥、ワニ、犬

メガモールにて
この記事のURL | 動物 | CM(14) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。