スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
解明!ツインタワーの謎
- 2007/05/01(Tue) -
ツインタワーから ひょっこり突き出ていた、あの奇妙な突っ張り棒の正体がわかりました~ッ!!



       発表で~す。 ジャ~~ン!

              twintower3004073



エッ、何にも見えない?



スポンサーサイト
この記事のURL | 写真で見るKL | CM(13) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
アゴン就任式の衣装
- 2007/05/02(Wed) -
スター新聞に 先日の就任式でアゴンがお召しになった衣装や王位の象徴である品々の説明記事がありました。 

 
ROYAL ATTIRE, MUSKAT (王室礼装-ムスカット)
muskat
国王就任式にアゴン (Yang di-Pertuan Agong) がお召しになるジャケットはムスカット (Muskat) と呼ばれる、王室の正式衣装です。
このムスカットの起源を辿ると、現在のオーマンにあった古代マスカット王国に行き着きます。 ムスカットは、元はと言えばケダ州の政府高官が着用していたものです。
ムスカットが最初に着用されたのは、1960年第三代国王の就任式でした。
このムスカット着用は、マレーシア初代首相の故トゥンクー・アブドゥル・ラフマンの発案でした。 トゥンクーはケダ州の王族出身です。
ムスカットは 黒のウール製、金糸でマレーシアの国花ハイビスカスが刺繍されています。
このムスカット、頭のかぶりもの、そして裾部分に刺繍を施された長ズボンの衣装が着用されるのは、国王の就任式、誕生日、国王の各州への公式訪問、そして国会の座視時です。



TENGKOLOK (テンコロック) 
TENGKOLOK
ムスカットと同様に、テンコロック(王族用頭飾り)は、マレー君主の権力の象徴です。
テンコロックの色は黒、金糸で複雑な織り方がなされています。 そしてネグリスンビラン州のDendam Tak Sudah(デンダム・タッ・スダー)という方式で折り目がつけられています。
この被り物の正面には三日月形の飾りと14角の星が付けられています。
星の中心に見えるのは マレーシア政府の紋章です。




coganMACES (鎚矛)

Cogan Alam - コーガン・アラム(世界の鎚矛) も王位の象徴です。 この銀の鎚矛は権力を象徴し、その長さは162.66cmです。 長い柄の先に球体がついています。
その球体の表面には三日月と11角の星が付いています。
4匹の虎が頭部の球体を支え、柄には金で彫刻された6本の米の穂が飾られています。
コーガン・アラムの頭部の写真は  をクリック

長さが155.04cmの Congan Agama - コーガン・アガマ(宗教の 鎚矛)も銀製です。
頭部は円錐、長い柄には金色の5角の星がついています。
聖なるコーランの節が頭部と柄に浮き彫りにされています。

この記事のURL | 称号・尊称・王族 | CM(4) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
ゴムノキ
- 2007/05/03(Thu) -
     rubber tree`
 
ゴムノキの学術名は Hevea brasiliensis
       日本名 バラゴムノキ 
       英語名 Para rubber tree

Para(パラ) の由来は、原産国ブラジルの北部の州 パラー州(Estado de Pará)


日本で売られている観葉植物のゴムの木の
     学術名は Ficus elastica
     英語名は Indian rubber tree
     日本名は インドゴムノキ
北西インド(アッサム地方)からインドシナ(スマトラ、ジャワ)の原産で、ラテックスを採取するゴムノキとは違い、観賞用のみのようです。



19世紀、天然林から採集した天然ゴム液の主要供給国は、ブラジルでした。
ブラジルのゴムノキの苗は、密輸出され、東南アジアで植樹されました。
今日のマレーシアや東南アジアにあるゴム・プランテーションの元は、ブラジルから密輸入されたゴムノキの苗なのです。

現在では、ブラジルに取って代わり、東南アジアが天然ゴム液の主要産出地(全世界の約80%)となっています。



マレーシアのゴム

20世紀初頭、宗主国のイギリスが、車の普及によって需要が増加したタイヤの原料のゴム生産のため、プランテーション開発を始めました。

イギリス人は、ゴム・プランテーションの労働力としてインド南部のタミール地方からインド人をマレーシアに連れてきました。
マレーシアの人口比率は、マレー人:中国人:インド人が6:3:1ですが、プランテーションの労働者は、今でもインド人が大多数を占めています。

かつてのマレーシアは世界最大のゴム輸出国でしたが、現在はゴムにとってかわったヤシ油の世界最大輸出国になっています。


Latex(ゴム樹液)の採取法 Wikipediaより引用  

latexの採取は樹齢5歳ころから始める。幹の周囲の1/4~1/2にわたってV字型または左上から右下に向かう斜線に皮部を切りつける。角度は約45度とし、下端に受け容器を置き、latexを受ける。毎日または隔日、早朝に tapping knife で斜線の下面を1mm削る。採取は雨季の2箇月間の休止をはさみ、1年間に切りつけの痕は20~40cmになる。樹齢15~18歳が最盛期であり、40歳以後は激減する。乳液量は1日約30cc、ゴム含有は30~40%、1本1年のゴム生産量は最盛期で3~3.5kgである。latexは金網で濾過、異物を取り除き、約0.1%の酢酸または0.06%の義酸を加え、凝固させる。これをローラーに掛けて水で洗浄し、ローラーでシート状またはクレープ状に仕上げ、日乾しまたは火力乾燥させる。これが「生ゴム」とよばれる。



ウィキペディアの説明では、一日に採取できるラテックスの量は約30ccと書いてありますが、私が見たゴムノキのラテックスは はるかに30ccを超えていました。
写真のラテックスが溜まる黒いお茶碗は、ご飯茶碗くらいの大きさです。

ラバー・タッピング(Rubber Tapping ゴム樹液の採取)は朝早くするそうですが、写真のゴムノキを見たのは正午に近い午前中。
その日の朝、ラバー・タッピングに来なかったのかな・・・?
こんなに盛り上がるまで溜まったラテックスを見たのは初めてなので、写真を撮りました。
この記事のURL | 植物 | CM(11) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
ジャングルの中の花
- 2007/05/04(Fri) -
        

ランカウィの山の中を歩いている時、茂みの中に赤いものが見えました。
生い茂る草を払い分けてみると、こんな綺麗な花が咲いていました。

なんという名の花でしょうか? 


【追記】
ルソン島サバイバル作戦パパハポンさんが、 
これは ウコンの花 だと教えてくださいました!

日本に咲くウコンの花の写真は  をクリック
 
この記事のURL | 植物 | CM(8) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
Sikit Sikit Bahasa19-野菜の名前
- 2007/05/06(Sun) -
野菜の名前 
マレー語 → 英語 → 日本語 の順です。


 bawang besar  -  onion  -  タマネギ
 bawang merah  ー  shallot, red onion  ー  アカタマネギ/シャロット
 bawang perai  ー  leek  ー  ネギ
 bawang putih  ー  garlic  ー  ニンニク
 bayam  ー  amaranth,  chinese spinch  ー  ヒユナ
 bendi  ー  lady’s fingers,  okra  ー  オクラ
 cabai, cili  ー  chilli  ー  トウガラシ
 cekur manis   ー  sweet shoot  ー  無
 daun singkong  ー  cassave leaf  ー  キャッサバの若葉
 halia  ー  ginger  ー  ショウガ
 kacang botor  ー  four angled bean  ー  無
 kailan  ー  chinese kale  ー  カイラン
 kancang panjang  ー  yardlong bean,  long bean  ー  ナガインゲン
 kangkong  ー  water spinach,  water convolvulus  ー  クウシンサイ
 kecang buncis  ー  french bean  ー  インゲン
 keladi  ー  taro  ー  サトイモ
 kentang  ー  potato  ー  ジャガイモ
 kobis bulat  ー  cabbage  ー  キャベツ
 kobis cina / panjang  ー  pekin cabbage  ー  結球ハクサイ
 kundur  ー  wax gourd,  white gourd  ー  トウガン
 labu siam  ー  chayote  ー  ハヤトウリ
 labu merah / manis  ー  pumpkin  或は  squash  ー  カボチャ
 lada besar  ー  sweet pepper  ー  ピーマン
 lobak  ー  Chinese / Japanese radish  ー  カブ、ダイコン
 lobak merah  ー  carrot  ー  ニンジン
 peria  ー  bitter gourd  ー  ニガウリ
 petola  ー  angled loofah  ー  トカドヘチマ
 pucuk paku  ー  pucuk paku  ー  無
 sawi putih  ー  chinese white cabbage,  pak choi   ー  カイシン
 sawi bunga  ー  leaf mustard  或は  vegetable mustard   ー  カラシナ
 sawi pahit  ー  chinese mustard  ー  カラシナ(上と区別しないで用いられる)
 terung  ー  brinjal,  eggplant   ー  ナス
 timun  ー  cucumber  ー  キュウリ
 tomato  ー  tomato  ー  トマト
 ubi keledek  ー  sweet potato  ー  サツマイモ
この記事のURL | マレー語学習 | CM(11) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。