スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ このブログのトップページへ
マレーシアのスコール
- 2006/06/11(Sun) -
スコール (=Squall) とは、熱帯地方で、短時間のうちに局地的に降る激しいにわか雨のこと。

マレーシアに来る前は、松田聖子ちゃんの歌なんかから、ザーッと降った後は、カラリと晴れた青空・・てなイメージを持ってたけど、もう、大変なんですぅ~!

見てください、↓ ↓
Flood in Shah Alam TheStarPhotoGallery 260206   Klang Valley Storm Havoc The Star PhotoGallery160206
The Star新聞のPhoto Gallery からお借りしました)


スコールが2~3時間続くと、いっつもこんな状態が発生します。

最近のクアラルンプールは毎日のようにスコール(というより雷を伴った土砂降り)です。
4日前もすごかった。

空が暗くなってきたから、「あっ、雨が降ってくる。コンピュータ止めなくちゃ・・」と思ってたら、突然、「ボンッ!」と爆発音・・・がして、プラスティックの焼け焦げた臭いが漂ってきました。

雷が家のコンピュータに侵入してきちゃったんです!
もち、コンピュータはぶっ壊れ~・・で使えない。

翌日、CPUを抱えて お店に修理に持って行きました。
修理してくれたお兄さんが、雷にPC・電話・ファックスがやられてしまうことを「Electric Surge」と教えてくれました。
日本語では「雷が落ちた。」とでも言うのでしょうか? 正しい日本語、ご存知の方、教えてください。


下が その帰りに見た光景です。
After the storm 070606     After the storm3 070606

駐車禁止の道端に止めてるからこんなことになったんだろうけど、でも可哀想。
この車の修理代に、保険なんて認可されるのかなぁ~?

とにかく、マレーシアのスコールは怖い。
皆さん、マレーシアの観光中にスコールが始まったら、木の下なんぞで雨宿りしたりしちゃ、駄目ですヨ!
スポンサーサイト
この記事のURL | マレーシア事情 | CM(0) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
ロナルジーニョのお宝ビデオ発見!
- 2006/06/16(Fri) -
ロナルジーニョ・ファンだったら 泣いて喜ぶビデオを見つけました!!

それでは、行きま~す!「ロナルジーニョのお宝ビデオ」!





もひとつ、おまけに、
「ロナルジーニョ、ダンス・ウィズ・ザ・ボール」もどうぞ! ⇒ 
この記事のURL | マレーシア圏外 | CM(0) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
ブラジル・ファン集合!試合前の更衣室ビデオ
- 2006/06/18(Sun) -
またまた、感激ビデオを発見しました!
ワールドカップ前に行われたフレンドリー・マッチの時のビデオです。


ブラジル・チームのスタジアム入り → 更衣室 → 試合までの様子。皆、和気アイアイで楽しそう!

試合前に、厳しいブリーフィングで監督からプレッシャーかけられたれりすると、 緊張して試合で本来の力を出せないプレーヤーもいるはず。

ブラジルチームみたいにリラックスして、みんなで頑張ろう!みたいなのって、いいよねぇ。
でも、これってコマーシャルだから、皆遊んでるのかな?

RonaldinhoInGermany

この記事のURL | マレーシア圏外 | CM(0) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
今もイギリスをサポートするマレーシア
- 2006/06/22(Thu) -
現地ドイツ時間では午後9時、マレーシアでは午前3時に始まるスペイン、イギリスの試合を見るために、連ちゃんで徹夜してしまいました。
とは言っても、旦那様を仕事に送り出した後に ちゃっかり寝てるんですが。

深夜、静まり返った住宅街の一角で、私はテレビを見ていました。
前半34分にJ・コールがゴール! 
その途端、外から「ゥオーーーッ!!」と大きな歓声が、どよめきのように聞こえてきました。

バルコニーに出てみると、閉まっているはずのレストランや24時間営業の珈琲ショップあたりから聞こえてきたようです。
「へーっ、こんな時間まで皆で集まって見てるんだ。まぁ、皆さん熱くなっちゃって・・・仕事どうするんだろう?」

後半始まってすぐスウェーデンがゴールした時も、また歓声があがるかと窓を開け放して待っていたのに・・・「シーーーン・・・」
「エッ、誰も喜ばないの?!スウェーデンのサポーターは居ないの?」

イギリスのサポーターばっかりみたいです。
後半85分にJ・コールのアシストでジェラードがゴールした時も、また大きなドヨメキが夜空にこだましました。

さすが、もと大英帝国植民地&現英連邦国!

マレーシア人にお土産あげる時、日本のお土産は別として、アメリカ製品よりもイギリス製品のほうが喜ばれるんです。
教育面でも、アメリカの大学(アイビー・リーグは別)よりイギリスの大学を卒業してるほうが、格が上だと聞きました。
サッカーまでもイギリスをサポートしちゃってるんですね。

英語の公式文書は、もちろんイギリス英語。
マレーシア人のしゃべる英語もイギリス英語・・・と言いたいけれど、これがちと違う。
Manglish(マングリッシュ)という、非常にローカライズされた英語です。
ちなみに、シンガポールの英語はSinglish(シングリッシュ)。

マングリッシュとは、オーストラリア英語みたいに英語を母語とする「方言英語」とは違い、マレー語・中国語など別の言葉の影響を受けて変化し、母語化した「クレオール英語」です。



この記事のURL | 言葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
ワールドカップ、日本も韓国も敗退
- 2006/06/26(Mon) -
土曜日の夕方、成田空港に帰ってきた日本チームの様子をNHKのニュースで見ました。
皆さん、悲痛な面持ちで可哀想でした。

試合直後の中田(英)の写真なんて、慟哭してるようです。

Nakata  MiyamotoAlex  Maki  japaneseteam_aftermatch

kawaguchi220606   InamotoGirberto   SantosRonaldJuninho

試合終了後、泣いてる選手や呆然と立ち尽くしている選手を見て、私ももらい泣きしてしまいました。
年と共に涙もろくなってます・・。

それにしても、ブラジル戦の始まりの日本チームの気迫はすごかった。思わず、「これならブラジルに勝っちゃうかも・・」とさえ感じさせてくれるサムライ魂でした。
RonaldninhoInamoto RonaldninhoNakata220606 InamotoRonald
特に稲本と中田(英)そして川口の活躍が目立ってたと思いませんか?

何で稲本をオーストラリア戦のスタートからプレイさせなかったんだろう?
稲本が最初から出ていたら、違う展開になってたかも・・・と思うのは私だけかなぁ?


韓国もスイスに負けてしまい、アジアは全滅。

そうそう、クアラルンプールには巨大なKorean Society(韓国人の居住者集団)があります。
特にクアラルンプール市に隣接するAmpang(アンパン)地区に住むKorean(韓国&朝鮮)が多く、この地区はKorean Town(韓国人町)とも呼ばれています。

日本人が多いのは、MontKiara(モントキアラ)地区。

アンパンでは、ママッ(インディアン・モスレム)経営の珈琲ショップにまで、ハングル文字の大きな垂れ幕がかけられていました。
「韓国チーム必勝!」て書いてあったのかな?

韓国人の友人に「日本も韓国も負けちゃって、残念だったね。」と言ったら、「あれはレフリーが金で買われたんだ。韓国が負けるように仕向けらたんだ!」と憤慨していました。

「貴方もそう思うでしょ?!」と聞かれ、「韓国VSスイス」ではなく「フランスVSトゴー」を見ていたとは言えず、「ウン・・」と答えてしまった。

日本も韓国も、今回のワールドカップでは 残念な結果に終わってしまいましたが、この悔しさをバネにまた一段と強いチームになってくれるでしょう。
Japanese_team Rommel_Teshima
頑張れ、日本!
この記事のURL | マレーシア圏外 | CM(0) | TB(0) | ▲ このブログのトップページへ
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。